呼吸療法認定士試験の勉強方法

呼吸療法士に合格した影響か、勉強方法を聞かれる事が多くなりました(〃ω〃)テレ

 

さっきまで清正の湯のプールで泳いでいまして、今クールダウン中で時間があるので紹介したいと思います

 

スポンサーリンク

 

 

自分はテキストを見ても中々頭に入らないタイプだったので、ネットで販売している過去問題集(通称 青本)を中心にしました

 

販売先はコチラ

呼吸療法認定士予想問題集

 

 

主にこれです

この問題集の解答に疑問を持つ所はなくて良かったのですが、解説は結構はしょられています(´ω`;)

そこで1問1問なぜこの解答となるのか、その根拠を解答の書かれたページに自分が加筆していきました

 

この自分が理由を書くというのも、今思えばいい勉強になったと思います

 

その際に参考にしたのは、もちろん今年のテキスト

7年前の10周年記念の古いテキストでした

 

この古いテキストは愛媛に帰る前に、すでに呼吸療法認定士になられていた職場の先輩から頂いたものです

借りパクではないですよ

今のテキストより50ページほど少ないですが最新のテキストが届くまで何もしない訳にはいかないので、新しいテキストが届くまでは古いテキストを参考にしていました

古い方ではNO吸引療法が保険適応じゃなかったりなど所々に今のテキストと違う所はありますが、基本的な所は変わっていませんでした

 

今年初めて試験を受けられる方は、夏に東京である講習会の1週間ぐらい前に最新のテキストが家に届くと思います

最新のテキストが届いてから講習会まで日がないため、それからテキストを読み込もうとしても中途半端です

知り合いに呼吸療法士のテキストをもっている方がいたら新しいテキストが届くまで見せてもらっておく方がいいですよ

その方が講習会で確実に幸せになれます

おそらくテキストをある程度読み込まないで講習会を受けてしまうとチンプンカンプンになってしまうと思いますから(・_・;)

そういう知り合いが近くにいない方はネットのオークションで過去のテキストを見つけるのも手です

ヤフオクなどで試験後に売りに出されている方います

 

 

 

始めの頃は予想問題集を毎日10問するのがやっとでしたが、試験直前には300問ぐらいやっていました

またこの問題集を解いて間違えた度に、手のひらサイズの小さなノートに空欄形式で自作の問題を作りました

 

小さなノートはこんなの

写真 2017-03-06 16 33 19

このくらい小さいとバックの中に入れても邪魔にならないので、普段気がついたときにパラパラっと見るようにしていました

このノートの見開きの左側に自作の穴埋め問題、右側にその解答を書いきます

 

こんな感じ①

 写真 2017-03-06 16 39 45

ついでに右上に自作問題をした日を書いておくと、ちょっとした目安になります

そして毎回予想問題集の問題を解く前に必ず、前回間違えた所の自作問題を必ず解くということを繰り返していました

 

 

こんな感じ②

 

コツは自作問題は予想問題集の内容よりちょっとだけ難しめに作る事だと思います

そのおかげか不足がちな周辺知識を拾うことができました

 

この自作問題は当然分野毎にまとまって書いている訳ではありません

試験問題もそういう出題の仕方なのでいい練習になるのではないでしょうか?

 

このやり方でこの予想問題集を試験本番までの間で10回しました

 

 

 

ちなみに自作ノートの問題を作っている時あまりにも自分の字が汚いのが気になり、一時期wordで書いたりしていました

結局58ページにもなったのですが、自分の字で書いた方がぼくにとっては覚えやすかったので、結局またノートに戻りました(・_・;)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-03-6-12-23

 

自分にあった方法を試行錯誤する中でいい方法が見つかると思いますよ

 

 

 

この問題集もしてみましたが、解説・解答に納得出来ないものがあり自分には合ってなさそうなので1回しかしませんでした

 

 

それらのやり方加えて、車の運転している時などには、講習会での内容や自作問題を自分が読み上げたものICレコーダーで録音し、iPhoneで聞いたりしていました

無意識で覚えてくれる事を期待して、勉強する気がなくてもBGMとして聞いていました(・_・;)

 

 

合格を保証するものではないですが、このやり方で本番では全くわからない問題は140問中6問程度でした

 

 

合格するとコチラをもらえます

モチベーションアップにどうぞ

 

 

以前、呼吸療法認定士の受験勉強をしていた際に、勉強方法を紹介してくれていたサイト(今は削除されている?!)があり、大変参考になったのでぼくのやり方も参考にして頂けたらと思います

 

この呼吸療法認定士の勉強をきっかけに、少しでも呼吸に興味のある方が増えてくれることを願います

 

またこの記事の下に「呼吸療法士受験記」と「呼吸リハビリテーション」についてのリンクを貼っておきますので、もしよかったら見てください

 

呼吸は面白いですよd(ゝ∀・*)

 

長文失礼しました

 

 

次の記事はコチラ ⇒ (翌年) 3学会合同呼吸療法認定士の認定証が届きました

 

 

呼吸療法認定士 受験記 (申し込み ~合格まで )

・(5年後)呼吸療法認定士の更新申請をしてみた!
・(4年後)認定更新手続きの案内が届く
・(翌年)2月23日3学会合同呼吸療法認定士の認定証が届く 
・12月31日呼吸療法認定士試験の勉強方法 
・12月24日3学会合同呼吸療法認定士 合格しました(≧∀≦) 
・12月22日あと数日で、呼吸療法認定士の合格発表 
・11月18日呼吸療法士認定試験やっと終わりましたヽ(゚∀゚)ノ 
・11月17日試験会場まで下見に行ったら迷子に! 
・11月17日今から受験しに東京へ出発 
・11月6日ハウ マッチ?(呼吸療法認定士受験必要費用)  
・11月2日先ほど受験票が届きました(゚∀゚) 
・9月22日11月の受験旅行準備(飛行機とホテルの手配) 
・9月15日しばらく放置してましたが(勉強の進捗状況など) 
・8月27日これから認定講習会を受講される方はICレコーダーを持っていくべし!
・8月26日講習会を終えて、今治へ帰ります 
・8月26日昨日は講習日初日(講習会参加時の注意点など) 
・8月24日今から講習会を受けに東京へ出発 
・8月24日講習会のある東京でのスケージュールを立ててみる 
・6月2日呼吸療法認定士講習会に参加できそう
・4月23日呼吸療法認定士の講習会に参加するためホテルを予約
・4月10日特定記録郵便で申し込み!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

こちらも読まれると更にブラッシュアップできますよ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんの息切れを軽くするために
COPDの患者さんが医療従事者に望む事は?
「禁煙」しないとリハビリしても意味はない!
「薬物療法」 と「酸素療法」に加えて「リハビリ」をする効果は?
腹式呼吸は指導すべき?
横隔膜の同定には打診!
息苦しい動作をする時のコツを知っていますか?
息苦しい動作の評価の仕方(医療従事者向け)
COPDの患者さんには食事(栄養療法)が大切な理由 
なぜCOPDの患者さんは筋トレをしないといけないのか?
「筋持久力」と「全身持久力」との違いはわかりますか?

呼吸理学療法手技
ポストリフトって知ってますか?
「呼吸介助」 と 「スクイージング」の違いについてサクッとまとめてみた
呼吸介助についてまとめてみたよ!
息苦しいから呼吸介助?(息切れがあっても呼吸介助の意味がない場合)
自分で痰を出しやすくする方法(ハッフィング)についてまとめてみた

吸引回数を減らすために
ゴロゴロ(貯痰留音)するからといって反射的に吸引していないですか?
動く(動かす)と吸引回数が減る理由はわかりますか?

聴診
前から見た時の、上・中・下葉の見つけ方
横と後ろから見た時の、上・中・下葉の見つけ方
肺区域(S1~S10)の場所の見つけ方
なぜ肺から音が聞こえるかわかりますか?
正常な音と、そうではない音との聞き分け方

呼吸関係その他
呼吸療法認定士試験の勉強方法
「スクイージング」の宮川先生達の講義があったので行ってきた!
酸塩基平衡の見方 
側副気道・排痰機序・等圧点理論 
換気血流比不均等、低換気の原因、シクソトピーコンディショニング 
COPDは糖尿病と同じ?
貯筋しましょう!(侵襲時の代謝の特徴)
「運動」は最良の薬! 
ABCDEバンドル と維持期 
COPDの患者さんにも積極的な栄養療法が適さない時期がある!(不可逆的悪液質)
リスク管理、スターリングの法則、拡散障害
気道粘膜除去装置(パルサー)説明会 
「オーラルフレイル」の岩佐先生の講義があったので行ってみた!
呼吸の勉強会(RTXのケーススタデイ)に行ってきた!
第11回愛媛県呼吸不全研究会に行ってきた!(Mostgraph)

 

オススメの文献

 

 

その他関連リンク

ケアマネージャー試験の勉強方法

 

 

ブログランキングに参加しています。
お役にたてたようならポチッとお願いします。

訪問看護 ブログランキングへ

Comments
  1. 勉強看護師
  2. ちんねん
  3. 松村
    • ちんねん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です