穴あけなしで踏み台を安定させる!(60cm以上の長い結束バンドの作り方)

はじめに

ある患者さんの事例なんですが、玄関の上がり框(かまち)が高いため、リハビリ介入前からすでに踏み台が設置されていました。

踏み台2

 

踏み台の柱(はしら)がキチキチの四隅にあるタイプなら問題はなかったのですが、柱が中心に少し寄った形であったため、端の方に載ってしまうとガタガタ動いてしまい危ない感じがしました。

特に最近は転倒の勉強もしているので気になります(・_・;)

 

本人やご家族に「この踏み台を床や上がり框に固定してしまってはどうでしょう?」と提案したところ、家に傷をつけるのは避けたいがグラグラするのは減らしたいので何とかして欲しい、との依頼がありました。

 

ちなみに介護保険で補助の対象となる踏み台もあるのですが、家にビスを打ち込み固定するタイプしかなかったため、こちらも却下でした。

 

 

しばらく考えていると以下の事を思いつきました。

コンパネ(合板)に柱を4つ立てて、その柱と踏み台の柱を結束バンドでくっつけたら安定するのではないか、と

 

写真 2015-12-11 13 41 13

図の様な感じです。

黒が踏み台で、赤がコンパネの上に柱をつけたものです。

今回はこの赤いのを作っていきます。

2222

 

左側にコンパネを伸ばしているのは、踏み台の右側は壁に接しているため、踏み台の端(はし)を踏んでガタガタするのは、踏み台の左側になるからです。

コンパネを左に伸ばせば伸ばすほど、踏み台の左側を踏んでガタガタするのを防げると思って、図の様な形にしました。

 

 

 

まず設計図

①設置しようとする場所にまず大きな白紙を敷いて、その上に今使われている踏み台を置きます。

②踏み台の足のついている所を白紙になぞって、足の位置を書いていきます。

③その場で本人、家族が許容できる程度のコンパネの大きさを紙で示して観てもらいます(いくらコンパネは板だといって玄関なので邪魔になりますから)。

④寸法を書き込んでいくと以下のような設計図みたいのものができます。

写真 2015-12-18 17 44 12

この図の❑の黒が踏み台の足がついていた所で、ピンク色の❑がコンパネにくっつける柱の位置です。

これをもとに作っていきます。

 

 

使った材料

塗装コンパネ(12mm×900mm×180mm、1780円/枚)

写真 2015-12-19 12 32 55 (1)

塗装コンパネにしたのは、玄関なので湿気や汚れ等あると思ったため、それらに抵抗性がある程度あると思ったからです。

 

コンパネにつける柱を仮固定する際に使う金折(150円/4枚)とその穴にあった木ねじ(150円)

写真 2015-12-19 12 55 57 (1)

こんな短いネジでは固定力は殆どありません。

コレを使うのは長い650mmの木ねじ(コースレット)で柱をコンパネで固定する際に、インパクトドライバーで打ち込みやすくするためです。

 

コンパネに固定する柱と650mmの木ねじ(コースレット)は家に転がっていたのを使いました。

 

 

手順

①ホームセンターでコンパネをカット

コンパネを購入すると5カットまで無料でしていただけると言う事で、設計図のサイズを伝えるとしてもらえました。

楽ちん。

写真 2015-12-19 18 10 00

設計図と寸分違わない仕上がり。

すばらしい。

 

 

②コンパネに立てる柱を作成

家にあった木材を高さが11cmになるようにカット

写真2 2015-12-19 18 00 49

真っ直ぐにできてないものがありますね(下手くそ)

 

 

③コンパネに設計図を上から重ね、柱を立てる部分(ピンクの❑)を金属キャップのついた鉛筆でグイグイ押して印をつけていきます。

写真 2015-12-19 18 10 52

 

 

④コンパネの柱を立てる部分が分かったので、その真ん中にあとから長い木ねじ(コースレット)打ち込むので目印に細めの穴を開けておきます(裏から見てもわかるように貫通させておきます)

 

インパクトドライバーを使います

写真 2015-12-19 18 16 35

 

裏からみるとちゃんと穴が貫通しています

写真22 2015-12-19 18 37 53

 

僕が愛用しているインパクトドライバーはコチラ

 

 

 

⑤コンパネに柱を金折と木ねじつ使って仮設置していきます

 

金折を柱につけて、それをコンパネにつけていきます

写真 2015-12-19 18 23 39

 

4つの柱の仮設置ができました。

写真 2015-12-19 18 36 52

 

 

⑤裏から長い木ねじ(650mmのコースレット)をインパクトドライバーで打ち込み、柱を完全にコンパネに固定します

 

長い木ねじ(650mmのコースレット)

写真 2015-12-19 18 42 14

 

打ち込みます

写真 2015-12-19 18 40 05

この時に、柱がコンパネに仮固定されているので、長い木ねじが打ち込みやすいです。

仮固定なしでは難しいと思われます。

 

大体できあがりました。

写真 2015-12-20 6 00 46

しかし、コンパネの表は塗装されているのですが、裏と横は何もされていないので、防水対策として家にあった水性シリコンを塗っていきます。

 

⑥塗装前に変な所を塗ってしまわない様にマスキングテープで養生します。

写真 2015-12-20 9 56 54

 

⑤水性シリコンを裏と横に塗っていきます

写真 2015-12-20 6 04 26 (1)

 

使った水性シリコンはコチラ

 

 

塗り塗りしていきます

写真 2015-12-20 6 07 00 (1)

 

乾くといい感じになりました

写真 2015-12-20 9 57 04

 

⑥マスキングテープを外すと完成

写真 2015-12-20 9 58 04

 

 

できあがり

中々いい感じ

写真 2015-12-20 9 58 20

写真 2015-12-20 9 58 26

 

後は現場で踏み台にコレを結束バンドで固定したら終わりですね。

 

20cmの結束バンドを使います。

写真 2015-12-19 18 49 02

 

 

長い結束バンドの作り方

今回のコンパネに固定した柱も太いですが、これにくっつける踏み台の足も太いので、結束バンドは長いものじゃないといけません。

 

踏み台の足の代わりに単管パイプを置いて説明していきます。

写真 2015-12-20 17 09 37

今持っている20cmの結束バント1つではこの太い柱とパイプを結束できないので、2つ使います。

 

こんな感じで1つの結束バンドにもう1つの結束バンドを通します。

写真 2015-12-20 17 10 01

 

こんな感じで結束させます(上から見た図)

写真 2015-12-20 17 10 21

写真 2015-12-20 17 10 50

これで短い結束バンドでも複数使う事で何とか太いもの同士を結束させる事ができます。

 

60cm以上の結束バンドもできちゃいます。

写真 2015-12-21 5 10 24

こんな感じ

なかなか長い結束バンドは市販されていないので、僕はこの方法で代用する事が多いです。

だた結束力と強度は落ちると思うのでご注意下さい

 

 

 

何かの参考にしてもらえたら嬉しいです。

しかし、あくまで素人仕事なので、安全性など保証できない旨、本人・ご家族了解の下行っています。

そのため自己責任でお願いします。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

DIY関連リンク

ノートパソコン(T552/FB)のプラスチック外装が壊れたのでプラリペアで修理してみた
5年落ちのノートパソコン(T552/58FB) をSSDに換装したら爆速になった
ノートパソコン(T552/58FB)のキーボードを交換してみた
ノートパソコン(T552/58FB)をDIYでノングレア化してみた(LCD-156 W)
スキャナで取り込んだ後のバラバラになった本を製本してみた

チンニングスタンド(懸垂台)自作
自作チンニングスタンド(懸垂台)をディップスが出来るように改造

窓用換気扇(VFW-25X2)をパワーコントローラー(PC-40)を使って風量調整してみた
窓用換気扇(VFW-25X2)に自作シェードをつける
窓用換気扇(VFW-25X2)を取り付けてみた

液晶モニター台自作(焼桐で作成)
液晶モニター台をもう1個作成 ( ワンバイフォー材 )

サンシェード自作
キッチンハンガー自作
壁に100均のカゴをオサレに着けてみる
電源タップを壁にかけてみた!

靴の履き口の破れ補修 (河口 ジャージ用補修布・黒93017)
今度は革靴の履き口の破れを補修!(Scotch 強力接着剤皮革用6025N)

車椅子のタイヤとチューブを交換してみた 
リハビリ用に平台車?自作
理学療法士だけど、踏み台を作ってみたよ!
踏み台を固定しないでサクッと安定させる!
理学療法士だけど、ベッドのゲタを作ってみた!
90歳のお爺ちゃんと「しめ縄」を作ってみたよ!
1人で布団を掛けやすくするために(ふとんの三点固定)
書字の自助具?
拘縮悪化予防スポンジ
背屈補助装具作ってみました?
片麻痺患者用の腕ホルダー自作(弛緩性麻痺・肩関節亜脱臼予防軽減)
理学療法士だけど、沈み込むソファを腰に優しいソファに改造してみた!
トイレの臭い対策に窓用換気扇を設置してみた!(窓用換気扇設置、自作コンセントカバー)
ドアノブを交換してみた!
冷蔵庫に着脱可能な取っ手を着けてみた!( MCZ-5365)

超簡単リーチャー自作
リーチャー改造
リーチャー自作

iPad mini用 お風呂スタンド自作

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です