徳島でリンパドレナージを学びに行ってきました(基本手技コースⅠ・Ⅱ・Ⅲ)

ぼくが訪問している患者さんの中に、ガンの郭清術後に浮腫(むくみ)や重だるさの訴えが強く観られる方がいて、何とか軽減できないか悩んでいました

 

ネットで調べると「浮腫」そのものを対象にする手技としてリンパドレナージ(リンパマッサージ,リンパドレナージュ ets)なるものがある事を知りました

 

ちょうどそんなタイミングでにステーションにリンパドレナージの講習会の案内が来て、所長の後押しもあり徳島まで講習を受けに行くことに

 

今回受講した講習会の団体(日本浮腫療法協会)のHPはコチラ

日本浮腫療法協会ホームページ

 

 

 

 

リンパドレナージを教えてくれる団体は幾つかあるのですが、なぜ今回この団体の講習を受けようと思ったのかといいますと、ずばり1番安価で1番近かったからです

 

 

最近、リンパ浮腫外来のある病院が増えています

そこで施術されている方はリンパ浮腫療法士認定機構の試験を受けて「リンパ浮腫療法士」の資格をゲットされている方、あるいは、そのリンパ浮腫療法士認定機構が認めた団体の講習を修了した方がされています

 

リンパ浮腫療法士認定機構|トップ

 

 

 

 

 

ちなみにリンパ浮腫外来にて施術している方の認定資格を公開しているHPはこちら

 

リンパ浮腫外来・リンパ浮腫ケア外来|独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター

 

 

 

 

 

どうせ講習を受けるのなら「リンパ浮腫療法士」を目指そうかとも思ったのですが、この認定資格を得るためには、まずリンパ浮腫療法士認定機構が認める団体での講習を受けた後、この認定機構の試験をパスする必要があります

 

その認定機構の認める団体の受講費用がハンパなかったので、団体の講習を受けることも「リンパ浮腫療法士」の資格取得も断念しました

 

ちなみにその認定機構の認める団体の1つである日本医療リンパドレナージ協会受講費用は50万以上、しかも1番近い会場は横浜!受講日数だけでも22日!

 

これはあくまで受講に関わる費用と日数で、受講するための旅費や会場への行き帰りに要する移動日は含まれません

これに更に「リンパ浮腫療法士」の資格を取得しようとすると、受験に関わる費用・日数が加わります

 

日本医療リンパドレナージ協会

 

 

 

 

自分の負担もすごいですが、22日以上もの休みを許可する職場の負担もかなり大きいです

 

とても気軽に受けれる講習ではありません

しかも資格をゲットした所で、職場に診療報酬がもらえるなどのメリットはない(2009年9月現在)ですし、自分の持っている基礎資格(PT、Nsなど)以上の医療行為はできません

そのため患者さんは医療保険が使えないので、全額自己負担でされている様です

 

一方、今回受講した徳島の講習会では、基本手技のみを習うコースを選択できて、受講費用4万台、3日で修了と破格のものでした

しかも今回僕は、3回に分けて受講したので、職場が休みの土日に済ませる事ができました

 

 

だた注意点としては、今回僕が受講した団体である日本浮腫療法協会はリンパ浮腫療法士認定機構とは関わりはなさそうです

リンパ浮腫療法士認定機構は、日本脈管学会、日本血管外科学会、日本リンパ学会、日本静脈学会、日本フットケア学会の5学会からなり、厚労省にリンパ浮腫外来の保険診療を認めてもらうように陳情しに行ったりなど、積極的に活動されており、日本の浮腫療法のメインストリームだと思われます

つまり今後、リンパ浮腫外来などでリンパドレナージなどを施行する上で診療報酬などが認められた場合、リンパ療法士認定機構から認定資格を受けた「リンパ浮腫療法士」、あるいはリンパ療法士認定機構の認める団体の講義を修了している者以外は認めない、となる可能性も多いにあるので留意して頂けたらと思います

 

僕としては、訪問リハビリでリンパドレナージが使えたらいいな、という軽いノリだったので徳島の講習会を受ける事にしました

 

実際に受講してみて、実技も丁寧に教えてもらえ、実技前の講義(解剖・生理)の内容も特におかしいと感じるものでもなく納得できるもので、受講して良かったと感じています

 

例えば、1番表層に流れるリンパ毛細管は皮膚の表面からとれくらいの所かわかりますか?

たった0.5mmなんですね

そのため強い力で押してしまうと、毛細管が潰れてしまって流れないので、軽擦法という弱い力で行います

上記の様に、各所で上手いこと「解剖・生理」と「実技」が繋がっているので理解しやすかったです

 

 

自分の中の武器が1つ増えた感じです

 

実際に講義で使ったこちらの資料は日本浮腫療法協会が自作された資料だと思いますが、とても分かりやすく整理されていました

 

リンパ浮腫_0001

 

 

内容はこんな感じ

浮腫

新浮腫療法の理論と基本手技.日本浮腫療法協会2008 P36 より一部引用

 

 

 

受講後頂いた習得証

浮腫療法

 

 

あとリンパドレナージ(浮腫療法)をサラッと知りたい方、あるいはセルフケアした方には、一般書籍にも分りやすい本があるので紹介します

DVDが2つもついていて動画でも説明してくれるので参考にしやすいと思います

写真 2015-09-21 20 46 09

 

こちらがその本

改訂版も出ていますね

 

 

興味のある方は参考にしてみて下さい

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

こんな記事も書いています!

呼吸リハビリ

呼吸理学療法手技
ポストリフトって知ってますか?
「呼吸介助」 と 「スクイージング」の違いについてサクッとまとめてみた
呼吸介助についてまとめてみたよ!
息苦しいから呼吸介助?(息切れがあっても呼吸介助の意味がない場合)
自分で痰を出しやすくする方法(ハッフィング)についてまとめてみた

吸引回数を減らすために
ゴロゴロ(貯痰留音)するからといって反射的に吸引していないですか?
動く(動かす)と吸引回数が減る理由はわかりますか?

聴診
前から見た時の、上・中・下葉の見つけ方
横と後ろから見た時の、上・中・下葉の見つけ方
肺区域(S1~S10)の場所の見つけ方
なぜ肺から音が聞こえるかわかりますか?
正常な音と、そうではない音との聞き分け方

呼吸関係その他
呼吸療法認定士試験の勉強方法
「スクイージング」の宮川先生達の講義があったので行ってきた!
酸塩基平衡の見方 
側副気道・排痰機序・等圧点理論 
換気血流比不均等、低換気の原因、シクソトピーコンディショニング 
COPDは糖尿病と同じ?
貯筋しましょう!(侵襲時の代謝の特徴)
「運動」は最良の薬! 
ABCDEバンドル と維持期 
COPDの患者さんにも積極的な栄養療法が適さない時期がある!(不可逆的悪液質)
リスク管理、スターリングの法則、拡散障害
気道粘膜除去装置(パルサー)説明会 
「オーラルフレイル」の岩佐先生の講義があったので行ってみた!
呼吸の勉強会(RTXのケーススタデイ)に行ってきた!
第11回愛媛県呼吸不全研究会に行ってきた!(Mostgraph)

 

パーキンソン病のリハビリ(LSVT®BIG)ついて

LSVT®BIG 研修終了と LSVT®BIGについて

 

 転倒予防

転倒予防がなぜ重要なのか?(訪問看護師さん向けの転倒予防の講義①)
転倒の原因を考える(訪問看護師さん向けの転倒予防の講義②)
転倒予防にオススメの運動 (訪問看護師さん向けの転倒予防の講義③)
介護予防推進リーダー研修 
第43回リハビリテーション特別研修会(介護予防推進リーダー士会認定事業)

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です