学会誌届く***心リハ指導士を目指して②

心臓リハビリテーション指導士になるためには、もちろん受験して合格しなければならないのですが、受験するための条件の1つとして2年間日本心臓リハビリテーション学会に在籍する必要があります

 

そこで新年度(2015年度)が始まる2015年4月に入会した方がいいのか、それとも本年度(2014年度)の3月がよいのか、学会事務局の方にアドバイスを求めました

 

すると以下の、丁寧な回答がすぐに返ってきました
写真 2015-03-24 17 29 39

 

回答から本年度ぎりぎりの3月申請でも特に問題がないことが分り安心しました (^_^)

 

 

試験を受けるのは早い方がいいということもあるのですが、会員になると学会誌が届きその中に試験問題の解説が記載されているという噂を聞いました

まずは敵を早く知るべきということもあり、今月中にさっそく申し込むことに

 

こちらから入会申込書をダウンロードして、記入したものをメールに添付して日本心臓リハビリテーション学会事務局( E-mail:jacr-society@umin.ac.jp )に送りました

 

1週間ぐらいすると日本心臓リハビリテーション学会から郵送物が送られてきました

 

こちら
写真 2015-03-24 17 40 30

 

 

内容物はこちら
写真 2015-03-24 17 41 39
心臓リハビリテーションvol.19 No.2とvol.20 No.1の書籍と諸々の書類と払込用紙でした

 

気になっていた過去問ですが、心臓リハビリテーションvol.19 No.2に記載されていました!
k
内容は著作権の関係でもちろん紹介できませんが、今の私では太刀打ち出来ないレベルの問題でした(T_T)

 

このままでは本当にまずい……

 

しかも記載されていた問題は3題しかなく、もう一冊の本(心臓リハビリテーションvol.20 No.1)には学術集会の演題が記載されており過去問は見当たりませんでした(・_・;)

No.1というのは学術集会の内容がメインなのでしょうか?

 

今までケアマネジャーや3学会合同呼吸療法認定士の試験も、過去問を中心にして勉強を進めてきたので、過去問の数が少ないのは正直痛いですね

 

ネット上にも心リハ指導士の試験を受けた方が、親切にも試験問題を一部覚えている範囲で紹介してくれているHPが幾つかあるのですがそれでも問題数は少ないです

 

ん~ 困りました(^_^;)

 

解説付きの過去問を自費出版されるというHPも見つけたのですがかなり怪しい…

駄目もとで購入してみようか、と心が揺らいでいます

 

 

次の記事はコチラ ⇒ (朗報)過去問いっぱい!!***心リハ指導士を目指して③

 

 

スポンサーリンク

 

 

心臓リハビリテーション関連リンク

心臓リハビリテーション指導士のテキスト(心臓リハビリテーション必携)が届く***①
学会誌届く***②
(朗報)過去問いっぱい!!***③
個人販売の問題集を購入!*** ④
心臓リハビリテーション指導士の自作問題ほぼ完成!*** ⑤
心臓リハビリテーション研修制度を利用してみる!***⑥
「看護の現場ですぐに役立つ モニター心電図」を読んでみた!***⑦
2017年度 心臓リハビリテーション研修 に申し込み***⑧
心リハ指導士研修の研修先が決定!***⑨ 
心リハ研修に向けて準備(勉強的な事「CPX・運動療法ハンドブック 改訂3版」・実務的な事)***⑩ 
心筋梗塞の勉強会に行ってきた!(カトレアの会)***⑪ 
心リハ研修…愛媛から石川県まで電車で行く事になっちゃった!***⑫ 
小松の人は優しい!(心臓リハビリテーション研修中)***⑬ 
心リハ研修を終えてみて***⑭  
心リハ研修に持っていったもの(1週間程度の出張パッキング)***⑮

 

高橋哲哉先生の講義を聴きに行ったよ!(第21回愛媛県理学療法士学術集会)
また高橋哲也先生の講義を聴きに行ったよ!(第21回愛媛心臓リハビリテーション研究会)
ABCDEバンドルと維持期 (訪問看護・訪問リハビリ)
リスク管理、スターリングの法則、拡散障害

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です