呼吸の勉強会(RTXのケーススタデイ:松山市民病院)に行ってきた!

「愛媛呼吸リハビリテーション研究会」主催の勉強会に行って来ました

締め切りを過ぎての申し込みだったのですが、快く了承して頂きありがとうございました

 

 

こちらが主催して頂いた研究会のHP

愛媛呼吸リハビリテーション研究会(理学療法士、作業療法士、看護師、言語聴覚士)

 

 

 

今まで何度も行かしてもらっています

 

 

会場は松山市民病院IMG_7243-0.JPG 

 

今回はケーススタディが3本と、最後に 「聴診」 と 「スクイージング」 の実技指導がありました IMG_7245.JPG 

以下、忘備録代わりに内容などを記載しています

しかし思い込みの強い私を通したものであるため、 私の記憶違いや勘違い等、発表された方の意図と大きく異なるということに留意して読んで頂ければ助かります

 

ケーススタディは、①体外式人工呼吸器を用いて排痰訓練を実施した一症例(河野孝春PT.市立八幡浜総合hp)、 ②Ⅱ型呼吸不全を呈する気管支拡張症(濱田麻希子PT.愛媛医療センター)、 ③急性心筋梗塞によりOPCABを行った症例(萩森康孝PT.松山市民hp)でした。  

 

①RTXは確か7年ぐらい前、和歌山県立医大で被験者になった記憶があります

従来の人工呼吸器の様に気道内を陽圧するタイプではないので、「鉄の肺」みたいで非侵襲的で良さそう と第一印象はいいものでした

鉄の肺

https://www.rotary.org/myrotary/ja/news-media/news-features/man-iron-lung-discovers-rotaryより引用

 

RTXを起動させると、確かに他動的に胸郭を動かされるのですが、本体の掃除機の様な爆音とともに甲羅(キュイラスというそうです)の隙間から多量の空気漏れがあり、十分な換気量が本当に確保できているのか?と思ったりもしました

 

また何より装着にかなりの時間が掛かったため実用性についてもその時は疑問でした

RTX

http://www.imimed.co.jp/rental/linepage/view_rtx.htmlより引用改変

 

それからRTXは文献でちらっとみる程度で、実機を見ることもありませんでした

そのため今回、初めて体験してから7年も経っているから良くなっているだろうという事で、特に興味深く拝聴させていただきました

 

発表では、排痰に対して有効な印象がある、と言われていました

今回の研究では、様々な治療と平行して行われていたため、「RTX単独の効果」 とはいいずらいものがあると思うのですが、 聴診 と喀痰の状況から痰の喀出を促せれていた可能性もある、と思いました

 

ただ何故RTXなのか?と言うことをもう少し言っていただけたら嬉しかったです

 

今回の発表でRTXの適用には「在宅ALS」もあると言われていました

ぼくが関わらせてもらっているALSの患者さんの喀痰困難事例に対する機械的排痰では、殆どの方が「カフアシスト」か「パルサー」を使っています

そのため排痰に関してRTXが良いのなら、カフアシストなどの機器と比較してどうなのか? ということに疑問がありました

そのあたりの比較検討した研究もあれば面白いんですけど…

ん~人工呼吸器でもありながらも排痰機能を持っているという所が大きなメリットなのかもしれません

 

講義中は手を上げるのが恥ずかしかったので、後からこそこそ伺ってみました(^_^;) 

 

気道粘膜除去装置(パルサー)説明会 からのスイム②

 

 

 

 

 

在宅での使用に関して以下の本にRTXについての記載がありましたので紹介します

参照した本はコチラ

上の本のP60に

在宅での保険診療は平成22年度の診療報酬改訂で増額された(3万円→7万円/月)ものの、レンタル料(13万円/月)をカバーするものではなく、購入するのも高価であり、機械自体もやや大きく、施行例報告例も多くはない状況です。~ 何らかの原因でNIV(非侵襲的人工換気)を使用できないときなどは適応を考えてよいでしょう

 

と記載されており、排痰については特に触れられてはいませんでした

 

 

とってもいい刺激を受ける事ができ、今回も演者の方々、準備をして頂いた研究会のスタッフの方々、本当に有難うございました

 

帰りに松山のあるお店に寄ろうと思っていたら みぞれが降り始めたので、すぐ帰る事に(T_T) IMG_7247.JPG 

 

【追記】2016/2/17

先日、「臨床における呼吸リハビリテーション」の講義に参加した所、またRTXに触る機会がありました

和歌山で見た時よりも明らかに作動音は小さくなっており、キュイラスのフィッティングも簡易になっていました

フィッティングするためにRTXを作動させる過程は以前はなかった様に思います

 

そのあたりもRTXを持ってきてくれたメーカーの方に聞いてみたのですが、以前のRTXの型が分からないので何ともいえないが、バージョンアップしているのかもしれない、との返答がありました

これだけ音が抑えられて、使う準備が簡単になると実用性は以前よりかなり高くなっている様に思した

 

 

どこかの誰かの参考になれば嬉しいです

頑張っていきまっしょい!

 

 

スポンサーリンク

 

 

こちらも読まれると更にブラッシュアップできますよ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんの息切れを軽くするために
COPDの患者さんが医療従事者に望む事は?
「禁煙」しないとリハビリしても意味はない!
「薬物療法」 と「酸素療法」に加えて「リハビリ」をする効果は?
腹式呼吸は指導すべき?
横隔膜の同定には打診!
息苦しい動作をする時のコツを知っていますか?
息苦しい動作の評価の仕方(医療従事者向け)
COPDの患者さんには食事(栄養療法)が大切な理由 
なぜCOPDの患者さんは筋トレをしないといけないのか?
「筋持久力」と「全身持久力」との違いはわかりますか?

呼吸理学療法手技
ポストリフトって知ってますか?
「呼吸介助」 と 「スクイージング」の違いについてサクッとまとめてみた
呼吸介助についてまとめてみたよ!

吸引回数を減らすために
楽な肺理学療法①
楽な肺理学療法②

聴診
聴診の話①
聴診の話②
聴診の話③
聴診の話④
聴診の話⑤

呼吸関係その他
呼吸療法認定士試験の勉強方法
「スクイージング」の宮川先生達の講義があったので行ってきた!
酸塩基平衡の見方 
側副気道・排痰機序・等圧点理論 
換気血流比不均等、低換気の原因、シクソトピーコンディショニング 
COPDは糖尿病と同じ?
貯筋しましょう!(侵襲時の代謝の特徴)
「運動」は最良の薬! 
ABCDEバンドル と維持期 
COPDの患者さんにも積極的な栄養療法が適さない時期がある!(不可逆的悪液質)
リスク管理、スターリングの法則、拡散障害
気道粘膜除去装置(パルサー)説明会 
「オーラルフレイル」の岩佐先生の講義があったので行ってみた!
呼吸の勉強会(RTXのケーススタデイ)に行ってきた!
第11回愛媛県呼吸不全研究会に行ってきた!(Mostgraph)

 

神経難病のリハビリ 関連リンク

アイスマッサージの唾液分泌抑制効果
先月発売された「神経難病領域のリハビリテーション実践アプローチ」を読んでみた!
「神経難病在宅療養ハンドブック―よりよい緩和ケア提供のために」を読んでみた!
背屈補助装具作ってみました!?
片麻痺患者用の腕ホルダー自作(弛緩性麻痺・肩関節亜脱臼予防軽減)
呼吸の勉強会(RTXのケーススタデイ:松山市民病院)に行ってきた!
気道粘膜除去装置(パルサー)説明会 からのスイム②
今治保健所主催の講義(在宅神経難病患者の摂食嚥下のリハビリテーション)
今治保健所難病地域ケア研修会

 

 

ブログランキングに参加しています。
お役にたてたようならポチッとお願いします。

訪問看護 ブログランキングへ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です