むっちゃ水を吸う折りたたみ傘用のカバーを買ってみた

はじめに

昨年石川県に心リハ研修に行く際、北陸は雨が多いと聞いていたので折り畳み傘を持っていきました

せっかく石川県まで持っていたのに、ちょうど大雨に降られた時にはせっかく買った折り畳み傘はありませんでした(・_・;)

 

ぼくが地元の天気予報を今治の天気予報と見間違えたため、ホテルにその傘を置いてきてしまったんです

エライ目にあったけれど、地元の方の優しさに触れる事ができて万事めでたしだった、という記事を書きました

今回はその折りたたみ傘に関する記事になります

 

その傘はコチラ

Amazonでも評価が高かったので購入したのですが、確かに折りたたみ傘にしては大きくワンプッシュで開くためとても重宝していました

ぼくはよくバックパックを背負っているので、傘もある程度の大きさがないと困るんです

Exported Image_2018-04-19 06-19-59

ある日使った傘が乾いたのでカバーに入れてしまおうとするとカバーが行方不明になっている事に気づきました

オーマイガ(・_・;)

薄いのでどこかに行ってしまった様です

 

 

カバーがなければ傘も傷んでしまうので、新たにこの傘用にカバーを購入する事にしました

このカバーがとっても良かったので今回記事にしてみました

これから梅雨の時期も近づくので活躍してくれるんじゃないでしょうか

 

スポンサーリンク

 

購入したカバーはコチラ

 

amazonのレビューでは基本的に評価は高いのですが、どうも個体差がある様で数回使うだけでファスナーが壊れたり、糸が解れたりするという気になる書き込みも見られました

ぼくの所に届いたものがたまたま良かったのかもしれませんが、もう半年近く使っていますが全く問題はみられていません

モコモコも綺麗なまま

 

以前の付属されていたカバーには吸水作用がまったくなかったので、傘が十分乾くのをまってからカバーに入れる必要がありました

特に出先で傘を使った場合、出入り口付近に置いておくと帰りちゃんとあるのかなぁと不安になる事が多々ありました

だからといって室内に持ちこんで床を濡らしてしまう訳にもいきませんし

仕方なく目の届かない所に置いて置くことになります

 

 

23

この商品の場合、使った濡れたままの傘をそのまま入れておいても、外に水が滲み出る事は殆どありません

しまう前に少し傘を開閉させて水を切れば、ぼくの場合はカバンの中に入れておいても大丈夫でした

このカバーは少し大き目に作られているので、あらかじめ大雨である事がわかっている時には、中に薄いタオルを1枚入れておけば水漏れ防止に完璧じゃないでしょうか

 

 

出先で使った後も手元に置いておけれる安心感はハンパないです

帰りも雨に打たれて帰らなくてもいいんですよ

 

 

ただ濡れた傘をそのまま入れっぱなしにしておくとサビなどで傘を傷めてしまいますので、家に帰ってゆっくり乾かしたらいいんです

このカバーもファスナーを全開にすると1枚の布の様になるので洗濯ハサミで吊るしておくとすぐ乾いてくれます

 

 

またこのモコモコがクッションになっている様で、バックの中に乱雑に傘を突っ込んでおいても傘本体にダメージが出るような事は今の所観られていません

 

 

とっても機能的な作りになっています

Exported Image_2018-04-19 06-45-24

 

ぼくは折りたたみ傘のカバー用に購入しましたが、これからの時期冷えたペットボトルをバックの中に入れておくと結露で中がベトベトになってしまう事があると思います

 

 

なのでこのカバーはペットボトルカバーとしても使えると思います

500mlのペットボトルでも十分余裕あり

34

 

今度、東京である認定理学療法士必須研修会や、横浜である心リハ指導士試験にもこのカバーに入れて折りたたみ傘を持っていこうと思っています

 

 

どこかの誰かの参考になれば嬉しいです

頑張っていきまっしょい!

 

 

傘関係の記事はコチラ

傘の骨(受骨)が折れたので修理してみた(間接爪US-024) 
傘の部品(下ろくろ)が壊れたのでプラリペアで修理してみた 
傘の修理を頼まれたので治してみた(親骨骨折 US-012) 
むっちゃ水を吸う折りたたみ傘用のカバーを買ってみた

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です