うちの爺ちゃん用に装具(補正靴?)をDIYしてみた!

はじめに

昨年12月初めに脳梗塞の症状がでたため救急車でt-PA治療が可能な病院に搬送されたうちの爺ちゃんですが、t-PA治療のお蔭で症状が一番強く出ていた右手の握力は完全に回復しました

t-PAすんげぇ…

 

 

それはそれで良かったのですが…

入院中、内頚動脈分岐部付近にあった血栓(プラーク)がポロポロ飛んでいってくれたおかげで、右足や右肩・肘周辺に麻痺が強くみられてしまう様になってしまったんですね

しかも嚥下に関わる筋も麻痺してしまい口から食べ物を取ることが難しい状態に……(;_;)

 

 

しかも低Na血症まで誘発してしまい意識レベル低下……発症してから1ヶ月は積極的なリハビリが全くできない状態になってしまいました

例え意識レベルが低下してもアンウェイティングシステムなどの機器などがあれば歩行練習などの積極的なリハビリができますが入院先の病院にはありません

脳卒中のリハビリに関わる人ならわかると思いますが、脳卒中の方の改善というのは時間依存的な所あり、ぼくは本当に忸怩(じくじ)たる思いをする事に

 

 

急性期病院で血栓が飛んでいた所はステントを入れ、これ以上飛ばない様にしてもらって、低ナトリウム血症も改善し、やっと今の回復期病棟のある病院に移り、通常のリハビリができる様になりました

今の病院に転院した1ヶ月前は、平行棒内で歩くのにも体幹をしっかり保持した上で、麻痺側下肢振り出し時には非麻痺側へweight shiftしつつ下肢を降り出す中~重度介助を要している状態でした

しかし今では病棟内で右腋窩を軽く触れる程度の軽介助下で病棟内1本杖歩行が可能な所(連続20m程度)まで回復しました(^^)

 

 

ただ右toe claeranceの低下(右足底が床に擦れる)が目立つ状態

ベッド上や座位、立位では右足関節の随意的な背屈は可能ですが、なかなか歩行中につま先を上げる事が難しい状態なんですね

身体機能的には常時2点支持歩行 揃え型 なら十分いけると思うのですが、病前からある認知症や今回の脳卒中による失行様の症状により歩行中はこちらの指示がほとんど入らない状態

口頭指示すればするほどギコチナクなってしまいます

歩行中に右前足部が床に引っかかる事で、リズムよく歩行ができない状態

一度リズムが崩れると意識しすぎてしまう事で歩容がおもっきり崩れてしまうんですね

このへんはひょっとしたら失行様の症状がでているのではないか、と疑っています

 

 

こういう場合のもアンウェイティングシステムを使って、上から吊るした状態で歩いてもらったら良さそうなのですが、そんな機械はこっちの病院にもありません

そこで右toe claeranceを改善する目的で、非麻痺側である左足に別の底の高めの靴を履いてもらったり中敷きを多めに入れ補高する事で歩容は多少は改善しましたがまだまだ不十分

あまりにも高くしすぎると歩容がくずれてしまうため、これ以上は好ましくありません

Exported Image_2018-02-23 21-39-41

そこで今回、今履いている右足の靴を改造して歩行中に右足底が床に引っかかりにくくする事を試みました

 

 

 

機能的には随意的に足関節背屈は可能であり、荷重時の右膝折れもないのでガッチリした装具は適応ではなさそう

発症してまだ間もないので、リズムよく歩行していく中で足関節の背屈がみられる事を期待し、まずはリズムよく歩ける様な装具を作ってみる事にしました

装具といっても靴底を加工した補正靴になります

 

 

うちの爺ちゃんの歩行練習に使っている室内靴はコチラ

ふ

小学生がよく学校で履いている靴

軽くゴム底が薄いため色々加工しやすいですね

何より安く気軽にイジりやすいので、ぼくは治療用(歩行練習用)の靴としてよく使います

足底感覚が結構残っている方にも底が薄いので重宝しています

 

 

まずは足底に弾性包帯を巻いて、足底のどのあたりの滑りをよくすれば歩容が改善するのかを検討

Made with This by Tinrocket

上の写真のあたりまで弾性包帯で覆ってしまうと歩行中に前足部が引っかかって歩容が崩れる事が大分減りました

こんなに覆ってしまって大丈夫か、滑って危ないんじゃないの?と思われる方もいると思います

 

ぼくの爺ちゃんの場合、今回脳卒中になる前から前足部にあまり体重をかけない歩き方(アンクルロッカー機能を使っていない歩き方)をしていたこともあり、これくらい覆ってもほとんど悪影響はみられませんでした

っf

 

白衣のドカタ 様より引用

 

 

弾性包帯がないって方は

だるんだるんになった靴下を切って、それを靴に履かせる事で弾性包帯とほぼ同じ効果をもたせる事ができます

着脱は弾性包帯よりも素早く可能ですが、ちょっと微調整できないというデメリットがあります

Exported Image_2018-05-06 21-16-53

こんな感じ

参考にしてみて下さい

 

 

 

作り方

2

弾性包帯で滑りやすくしたらいい部分がわかったので、マスキングテーブで印をつけ、ディスクグラインダーで足底を削ります

この靴の場合、グラインダーの回転数が大きいと加熱で足底がドロドロに溶けてしまうので注意してください

削った足底にダイソーで購入したフェルトをいつもの接着剤でくっつけます

 

 

6

フェルトに印をつけ、接着剤つけます

ポイントとして接着剤は印しより少しはみ出すようにして塗るのがポイント

テープで固定した上に、オモリを置き圧着させます

 

d@1

乾いたら余分なフェルトを切り取り形を整えます

 

 

しかし2週間ぐらい毎日使っているとフェルトの端の方の接着が取れてきました

そこで糸で固定します

あえw

 

 

糸で固定する時にはラジオペンチを使うと便利ですよ

この靴は薄いので裁縫針でもラジオペンチで引っ張る事で通す事ができます

普通の靴なら硬すぎて専用の針などを使用しないといけなんじゃないでしょうか?

 

 

最後に

この補正靴を使用するようになってから、病棟内で歩行練習時に右足が引っかかって途中で立ち止まってしまったり、歩容が崩れてしまう事はたいぶ減りました(^^)

 

ただうまくいったのは、たまたまうちの爺ちゃんだからという事のを留意していただけたらと思います

麻痺や高次機能障害の程度、認知面、発症してからの期間、病気になる前の歩き方など、同じ人なんていないですから

足底を滑らすような今回のDIYは転倒のリスクを増やしたり、ひょっとしたら患者さんによっては麻痺の回復を阻害してしまうような改造となってしまう可能性は十分にあります

なのでもし患者さんやご家族がこの記事を見られて参考にしようと思われる場合には、関わってくれている主治医やリハビリの方と相談される事をまずお勧めします

 

 

 

ちなみに今回のDIYは、ぼくが何年か前に県士会で症例発表したものが元になっています

その際には今治義肢さんに加工費2500円で作っていただきました

今治に住んでいる方で自分で加工するのが難しいのであれば依頼するのも1つの方法かもしれません

下の画像の様に底の厚い靴となるとDIYが難しいですから

 

その時に作成したものがコチラ

123

やっぱりプロは違いますね

美しい

 

 

この靴を使われていた方は、家がバリアフリーだったのでそのままずっと室内で常用されていました

気に入られて2足追加加工されたほどです

 

 

(追記2018/04/10)

ボロボロになってきたので二代目を作ってみました

多少修正を加えています

Exported Image_2018-04-09 21-59-07

修正点

①接着は上までしておいた方が外れにくい

②接着剤で固定する際には、まち針を使った方がフェルトを張りやすい

 

(追記終わり)

 

 

 

どこかの誰かの参考になれば嬉しいです

頑張っていきまっしょい!

 

 

 

似たような記事

⇒   装具を嫌ってないですか? ( 治療用装具について )

⇒ 背屈補助装具作ってみました?

⇒ 片麻痺患者用の腕ホルダー自作(弛緩性麻痺・肩関節亜脱臼予防軽減)

 

 

スポンサーリンク

 

関連リンク

訪問看護
褥瘡(床ずれ)の大きさを測るのにオススメなマスキングテープ
栄養ドリンクのキャップを開ける道具を自作!
ペットボトルのキャップや缶のプルトップを開けやすくするグッツ
爪を切りたいが肉を切りそうで困っている方に!(ガラスの爪研ぎ:ブラジェク ガラス爪やすり )
TVの音を消さないで、手元のスピーカーからも音が出るようにしてみた!(テレビ用 手元スピーカー ANS-301)
防水モバイルスピーカー(SRS-X1 BC)を訪問看護・リハビリで使う!
環境調整が重要である理由と、簡単な記録方法(ipad mni, LINE Brush Lite, KMC-36C)
上着のファスナー(ジッパー)を簡単に上げる方法 
聴診器が壊れたので自力で修理してみた(リットマン マスタークラシックII ) 
浴槽やシャワーチェアからの立ち上がりが難しい人に使えるブツ

車椅子のタイヤとチューブを交換してみた 
車椅子のサイドバックを自作!
リハビリ用に平台車?自作
理学療法士だけど、踏み台を作ってみたよ!
踏み台を固定しないでサクッと安定させる!
理学療法士だけど、ベッドのゲタを作ってみた!
1人で布団を掛けやすくするために(ふとんの三点固定)
書字の自助具?
拘縮悪化予防スポンジ 
手の拘縮悪化予防スポンジを改良してみた!

背屈補助装具作ってみました? 
うちの爺ちゃん用に装具(補正靴?)をDIYしてみた!
片麻痺患者用の腕ホルダー自作(弛緩性麻痺・肩関節亜脱臼予防軽減)
トイレの臭い対策に窓用換気扇を設置してみた!(窓用換気扇設置、自作コンセントカバー)
ドアノブを交換してみた!
冷蔵庫に着脱可能な取っ手を着けてみた!( MCZ-5365) 
筋トレ部屋の障子(しょうじ)を張り替えてみた!

 


サンシェード自作 
車に棚を設置(車の右トランクサイドガーニッシュを脱着) 
車内で快適に寝るためにベッドを自作 
車の棚を作り変えてみた!

木工
丸のこ定規を自作してみた!
2×4(トゥバイフォー)材で馬(工作用の台)を作ってみた! 
ディスクグラインダーのロックナット(固定ナット)を何とかして外した件

PC
ノートパソコン(T552/FB)のプラスチック外装が壊れたのでプラリペアで修理してみた
5年落ちのノートパソコン(T552/58FB) をSSDに換装したら爆速になった
ノートパソコン(T552/58FB)のキーボードを交換してみた
ノートパソコン(T552/58FB)をDIYでノングレア化してみた(LCD-156 W)
スキャナで取り込んだ後のバラバラになった本を製本してみた 
液晶モニター台自作(焼桐で作成)
液晶モニター台をもう1個作成 ( ワンバイフォー材 ) 
卓上マイクスタンド自作(ブームマイクスタンドの様なもの?) 
iPad mini用 お風呂スタンド自作 
ページ数の多い2つのPDFを交互にページが見れるように編集し、1つのPDFにしてみた! 
ipad pro10.5インチのケースを個人輸入したった!(Survivor All-Terrain Rugged Case )

 

筋トレ
チンニングスタンド(懸垂台)自作
自作チンニングスタンド(懸垂台)をディップスが出来るように改造 
グリッドフォームローラー?(ストレッチポール?)の様なものを自作してみた! 
カーフ・レイズ用の台を作ってみた(下腿三頭筋の筋トレ)

換気扇
窓用換気扇(VFW-25X2)をパワーコントローラー(PC-40)を使って風量調整してみた
窓用換気扇(VFW-25X2)に自作シェードをつける
窓用換気扇(VFW-25X2)を取り付けてみた


傘の骨(受骨)が折れたので修理してみた(間接爪US-024) 
傘の部品(下ろくろ)が壊れたのでプラリペアで修理してみた 
傘の修理を頼まれたので治してみた(親骨骨折 US-012)

その他
キッチンハンガー自作
壁に100均のカゴをオサレに着けてみる
電源タップを壁にかけてみた! 

靴の履き口の破れ補修 (河口 ジャージ用補修布・黒93017)
今度は革靴の履き口の破れを補修!(Scotch 強力接着剤皮革用6025N)

腕時計のバンドを交換してみた!(MORELLATO 時計バンド DUNCAN 20mm) 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です