車の中で休憩するために(LSVT®BIGの研修を受けにいくための車中泊の準備①)

患者さんと屋外車椅子散歩中に見つけた何かの豆の花?

 

 LSVTの課題論文の訳に追われている今日この頃ですが、皆さんお元気ですか?

こっちは、花粉症に悩まされながらもぼちぼち楽しくやっています

 

 

LSVT®BIGの課題論文の訳

そして何とか2本目の論文の中頃まで、根性で…訳しました(-ω-;)

訳す中でLSVT®BIGがCI療法と意外に関連があったりして、面白がったりもしています

 

3本の論文全部LSVT®BIGに関することなので、内容がかぶっている事が多いです

そのため訳していくと相互補完できるので、1本目の論文でよくわからなくても、2本目でわかる事もありました

ただ訳す中でメディカルリハビリテーションNo.135の坂元先生のLSVT®BIGに関する論文にかなり助けられているのは確かです

 

というかこの論文の中に今回の課題論文の事についての記載もあるため、ある意味答えなのかもしれません

訳に苦戦している方には坂元先生の論文がお勧めですp(・∩・)q  

 

 

 

車中泊の準備

また訳以外にも新潟に行くまでの間に車の中で休めるよう、自分の車の中の環境調整する必要性があることに気がつきました。

幸いぼくの車は、ロードバイクや釣り道具を持ち運ぶのが主なトラックみたいな車なのでほぼフラットな荷台があります

 

こちらがその荷台

 

 しかし、完全なフラットではなくて真ん中あたりに2cm程度の段差があります!

AAAA

 

 

段差

この段差がくせ者で試しにあお向けで寝てみると、ちょうど腰あたりに段差がきて嫌な感じ

反対向きに寝ても足にあたりに当たってリラックスできません(・_・;)

 

休めない…

う~~ん、この段差の上にフラットな板を置けば何とかなるかな?

 

こんな感じ

ASASASA

 

 

なかなか楽しめそうです

 

次の記事はコチラ ⇒ LSVT ®BIG 予習論文の訳 完了!

車中泊関係の次の記事はコチラ ⇒ 車の中で休憩するために② 車中泊用の棚を自作(LSVT®BIG)

 

 

スポンサーリンク

 

LSVTについて詳しい内容

・ LSVT®BIG 研修終了と LSVT®BIGについて

 

 

LSVT®BIG関連リンク

・(前年11月2日)LSVT®BIG講習会のお知らせメールが届いた!
・(3月30日)LSVT®BIG 事務局への入金 と 予習論文
・(4月3日)会場の新潟まで愛媛からどうやって行く?(LSVT®BIG)
・(4月12日)車の中で休憩するために①(LSVT®BIG)
・(4月23日)LSVT ®BIG 予習論文の訳 完了!
・(4月25日)車の中で休憩するために② 車中泊用の棚を自作(LSVT®BIG)
・(4月26日)車中泊用ベッド完成(LSVT® BIG )
・(5月1日)車中泊用ベッド修正(LSVT®BIG)
・(6月4日)サンシェード自作(LSVT®BIG)
・(7月2日)車の中で休憩するために③ どこでも扇風機購入
・(7月3日)愛媛から新潟まで893km出発!(LSVT®BIG)
・(7月5日)今日からLSVT®BIG研修開始
・(7月7日)LSVT®BIG 研修終了と LSVT®BIGについて
・(翌年1月22日)LSVT®BIGのプレゼン (訪問看護師さん対象)
・(翌年2月5日)LSVT BIG認定セラピストの見つけ方(連絡先)
・(翌年2月9日)LSVT®BIGのプレゼン(法人セラピスト対象)

 

神経難病のリハビリ 関連リンク

アイスマッサージの唾液分泌抑制効果
先月発売された「神経難病領域のリハビリテーション実践アプローチ」を読んでみた!
「神経難病在宅療養ハンドブック―よりよい緩和ケア提供のために」を読んでみた!
背屈補助装具作ってみました!?
片麻痺患者用の腕ホルダー自作(弛緩性麻痺・肩関節亜脱臼予防軽減)
呼吸の勉強会(RTXのケーススタデイ:松山市民病院)に行ってきた!
気道粘膜除去装置(パルサー)説明会 からのスイム②
今治保健所主催の講義(在宅神経難病患者の摂食嚥下のリハビリテーション)
今治保健所難病地域ケア研修会

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です