訪問リハビリにも使ってるおススメのバッグ (心リハ研修にも持っていきます)

はじめに

心臓リハビリテーション研修では、基本的にノートパソコンを持参しないといけないのでノートパソコンを楽に持ち運べる様なバックが必要になります

ちょうど今年1月ぐらいまでは訪問リハビリの時にはトートバックを使っていたのですが、使い倒したためかなりくたびれてしまいました

訪問先に持っていくのが躊躇(ためら)われるほど(・_・;)

 

そこでいい機会なので、今回の研修にも使うつもりでコチラの商品を購入しました

 

このバックパックを約半年ほどハードに使いましたが、訪問場面でも使い勝手がとても良く満足できるものだったので紹介したいと思います

このバックがダメになっても、また同じものを購入するつもりです

 

 

スポンサーリンク

 

 

まず今回のバックパックを紹介する前になぜそのバックを購入したのかの理由を説明したいと思います

その理由は先代のバックを使っていて色々思う所が出てきたからです

 

 

先代の訪問バックを紹介

先代はイシュタル( B.C.+ISHUTAL )のトートバック

布もしっかりしていて落ち着いており大容量で、利用者さんの家にもっていっても恥ずかしくないバックでした

大容量でも取っ手が長く肩にもかけられたのでそれほど重さも感じず使い勝手は良かったです

 

約1年間ハードに使いました

 

はじめはもうちょっと色が濃いカーキでしたが、さすがに使っているうちに色が褪(あ)せました

いい味がでていたといえばそうかもしれません

写真 2017-07-30 15 02 58

 

 

毎日使っていたら、そりゃくたびれます

写真 2017-07-30 15 37 06

よく取っ手を肩にかけて持ち運ぶ事が多かったため、負担が集中したのか生地が傷んでひび割れてしましました(・_・;)

訪問では少なくても5kgのものをこのバックに入れて持ち運んでいますから

取っ手の幅も3cmしかなく細いのでしょうがないですね

 

 

底面の方はたびたび穴が空いてしまったので、黒の帆布の裏地を接着材で当てて補修したりしていました

その時の補修の様子はこんな感じ

写真 2017-08-12 13 49 39

穴の補修の手順としては、裏にひっくり返して、黒の帆布をscotch 皮革用強力接着材で接着

そのままだとずれてまうためビニルテープで固定

まる一日おいたらしっかり接着されます

表に戻すと穴の開いていた部位は多少わかりにくくなっていました

 

ただ底面は取っ手同様ダメージに晒(さら)されやすい部位なので、穴が開いたら補修を繰り返していたのですが焼け石に水のような感じ(・_・;)

 

この先代の訪問バックの使用から得られた教訓は、取っ手は広い丈夫もので、かつ底面は補強されているもの、という事がわかりました

その条件を踏まえた上で、今回の心リハ研修では毎日ノートパソコンを持って行かねばならないという事がわかっていたので、ノートパソコンを入れても楽なもの、という条件でコチラの商品に行き着きました

 

 

 

アディダスOPSバックパック30Lを購入

写真 2017-08-12 14 31 51

トートバッグでは取っ手の幅はどうしても細いものになってしまうため、幅の広いバックパックにしました(少なくても倍の6cm以上あります)

ぼくのノートパソコンは15.6インチで大きいのですが、背部に余裕で入れれる気室(コンパートメント)があります

またこのバックパックの底面は樹脂コーティングされ補強されていたのが嬉しい所

 

 

このタイプのアディダスのバックパックを購入される方は、肩にかかるショックを吸収するいうロードスプリングの耐久性に不安を覚えるのではないでしょうか?

写真 2017-08-12 14 44 17

ぼくも初めて荷物を入れて背負った時の「荷物がフワフワする感じ」に軽い衝撃を受けました

ただ今は背負い心地はいいけど、しばらくしたらゴムが伸び切って意味をなさなくなるんじゃないか、と不安に思ったのは確かです

 

 

では、実際に半年間使った感想をいいます

 

 

 

半年間、アディダスOPSバックパック30Lを使ってみた感想

こちらが約半年間使い倒した状態です

写真 2017-08-12 14 51 07

毎日ハードに使った割には傷んだ感じはあまりありません

ただどうしても床に置く事が多いので、樹脂コーティングされた底面が少しスレを認めます

(まだ穴は空いていません)

懸念していたロードスプリングの耐久性なのですが、今でも荷物を背負った時にゴムの弾性を感じる事ができています

ゴムが過剰に伸びないように伸縮性のない素材で補強している所がいい仕事している印象です

 

 

あと使って分かった主なデメリットとメリットを紹介したいと思います

 

 

半年使って分かった2つのデメリット

 

まずは1つ目

ぼくは大きめの財布を使っているため前面のポケットに入れておく事が多いのですが、上の写真の様にチャックを閉め忘れていると財布が非常に落ちやすい状態になります

前面ポケットがかなり大きいのでそこに入れているのですが、切れ込みが結構下まであるため(チャックを閉めていないと)、中のものが外まで出やすい構造

ぼくも歩いていて「ガ」と音がして振り返ると自分の財布が落ちていた事という事が4回もありました(・_・;)

 

 

中のポケットに入れればいいじゃん、と思われる方もいると思いますが、内部はオマケでつけたようなポケットが1個しかありません(外部は5つ)

写真 2017-08-12 15 25 41

それで仕方なく前面のポケットを使っていました

 

今までは運よく落ちたのに気づいて良かったですが、いつかはなくすと思ったのと、背負った状態でも前面のポケットのチャックは下まで簡単に下げられる構造であるため防犯上まずいと思いました

そこでバックインバックを購入して貴重品を入れる事に

 

 

購入したバックインバックのはコチラ

写真 2017-08-12 15 12 26

これを入れても全く問題ないぐらいのバックパックは大容量なので、常に入れておいても支障ありません

これを入れる事で内部のポケットの数が一気に増えるので貴重品を整理しやすくなりました(^^)

 

 

 

 

2つ目は、雨の時バッグが大きいため傘をさしても結構濡れてしまう事です

あああ

 

大きいのではみ出てしまうのですね

 

このバックパックには付属のレインカバーがついていないため、登山用のこのレインカバーを購入して使っています

HUNTING BLESSの20-30L用のパックカバーです

写真 2017-08-12 15 46 06

付属の袋にいれると随分コンパクトになるため雨が降っていなくてもいつも下の気室に入れています

ちょっとしたクッション代わりになるのでいいですよ

 

 

半年使って分かった3つのメリット

何と言っても大容量(30㍑)

訪問時に必ず持っていく物品(体温計・血圧計・聴診器・パルスオキシメーター・非常時のCPRマスク・筆記用具・500mlペッドボトル1個・スマフォ・財布・環境調整の際に使うメジャー・ipad・ポータブルスピーカー)を入れてもまだまだ余裕があります

なので月に1度計測するような握力計を入れても大丈夫ですし、歩行距離を測るロードメジャーも入っちゃいます

 

ノートパソコン用の気室が意外と便利

ぼくら訪問リハビリでは利用者さんや家族にサインをしてもらう書類が結構あります

そういう書類をこのバックの背部にあるノートパソコン用の気室に入れておけば、外からすぐにアクセス可能

また書類が折れてしまったり、破れてしまう事もありません

 

 

両手が使える

今まで訪問リハビリではトートやビジネスバックを使っていて、今回初めてバックパックにしてみたのですが両手が使える有り難さを実感しています

利用者さんと近くの店まで屋外歩行訓練をする際など、両手が空いているからできる事が増えます

例えば片手は転倒回避のために片腋窩を軽く触れつつ、片手で折りたたみ椅子を持っていくなど

またリハビリで使う大物(バランスボールや起立台)は両手で持たないと厳しいのですが、バックパックなら楽ちんです

 

 

確かに見た目はビジネスバックやトートバックより多少悪いと思いますが、それを十分補って余りあるようなメリットがバックパックにはあると思います

 

 

今月の心リハ研修の際には

以前にも書きましたが、ぼくの持っているノートパソコンは外装が壊れて修理をしたりしてガタがきているので、このバックパックにノートパソコンをそのまま入れるのには不安があります

バックの背部には確かに衝撃吸収用のパットが入っているのですが老朽化したぼくのパソコンには薄い様に感じます

 

そこで今回はノートパソコン用の厚みのあるケースに入れた状態で研修期間中持って行こうと思います

写真 2017-08-12 16 51 15

 

こちらのケース

こちらのケースは15.6インチのパソコンを更に上回る大きさですが、端にその分衝撃吸収のための空間ができるので重宝しています

 

 

さきほどamazonでぼくが購入したバックパックを調べて見たところ、もう販売されていなくて後継製品になってしまっているようですね

外観は変わらないのですが裏地がビビットな色ではなく黒になっていたり変更点が見られています

注意してください

 

 

 

だれかの何かの参考になればうれしいです

頑張っていきまっしょい!

 

スポンサーリンク

 

訪問看護・リハビリ  関連リンク

褥瘡(床ずれ)の大きさを測るのにオススメなマスキングテープ
栄養ドリンクのキャップを開ける道具を自作!
ペットボトルのキャップや缶のプルトップを開けやすくするグッツ
爪を切りたいが肉を切りそうで困っている方に!(ガラスの爪研ぎ:ブラジェク ガラス爪やすり )
TVの音を消さないで、手元のスピーカーからも音が出るようにしてみた!(テレビ用 手元スピーカー ANS-301)
防水モバイルスピーカー(SRS-X1 BC)を訪問看護・リハビリで使う!
環境調整が重要である理由と、簡単な記録方法
上着のファスナー(ジッパー)を簡単に上げる方法 
訪問リハビリに使っているおススメの靴(心リハ研修にも持っていきます) 
訪問リハビリにも使ってるおススメのバッグ (心リハ研修にも持っていきます)

車椅子のタイヤとチューブを交換してみた 
車椅子のサイドバックを自作!
リハビリ用に平台車?自作
理学療法士だけど、踏み台を作ってみたよ!
踏み台を固定しないでサクッと安定させる!
理学療法士だけど、ベッドのゲタを作ってみた!
1人で布団を掛けやすくするために(ふとんの三点固定)
書字の自助具?
拘縮悪化予防スポンジ 
手の拘縮悪化予防スポンジを改良してみた!
背屈補助装具作ってみました?
片麻痺患者用の腕ホルダー自作(弛緩性麻痺・肩関節亜脱臼予防軽減)
トイレの臭い対策に窓用換気扇を設置してみた!(窓用換気扇設置、自作コンセントカバー)
ドアノブを交換してみた!
冷蔵庫に着脱可能な取っ手を着けてみた!( MCZ-5365)

超簡単リーチャー自作
リーチャー改造
リーチャー自作

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です