訪問リハビリ時のiPad の使い方(カラオケ、離床の誘導など)

よく質問されるので いつもどのように使っているのか説明します

 

使っているiPad miniはコチラ

 

 

最近よく使っている方法の1つに、発声・嚥下訓練も兼ねて動画に合わせてカラオケをしてもらう事があります

常に身体を動かす運動ばっかりだと忌避(きひ)される場合があるので、休憩を兼ねてしてもらっています

 

あえて意識をずらしてあげる事で、また運動に対する集中力が復活するような事を実感する事が多いです

歌を歌うだけでも2METs程度の運動負荷を加えれるので、運動耐応能が低くて高負荷がかけられない時にも便利です

 

 

在宅ならではなのかもしれませんね

中々病院ではしにくいです

他の人の目(耳)もありますし

 

 

私が持っているiPad mini retinaはセルラータイプではなくwifiタイプなのですが、youtubeの動画をキャッシュで保存できるアプリを使っています

 

これです。  

 

あらかじめ患者さんの好きな歌を調べておいて、家で動画をダウンロードしておいて、訪問先で再生して見てもらっています。

 

患者さんは高齢の方が多く、昔の歌をレンタル屋さんで見つけるのは困難なため、とっても役に立っています。

しかもご丁寧に歌詞をつけてくれている動画が多いんです

 

iPhoneだと画面小さいため歌詞を見ることが難しい患者さんでも、iPad mini retinaなら大丈夫って方が多いです。

実際にカラオケしてもらうと、パーキンソンの方で構音障害がある方や失語症の方に対して、声量が増加するなど即時効果が結構得られます

 

 

カラオケ以外の使い方になると、患者さんが歩いてる所などを撮らしてもらってフードバックしたり、 閉じこもりがち患者さんに対しては、ご近所の綺麗な花などを撮って、見に行きましょうと誘導したりするのに使っています。

 

画面が大きいと患者さんも見やすそうでインパクトも大きい印象です。

 

ちなみに患者さんに手渡したiPad mini retinaが2回ほど落ちるハプニングがありましたが、LIFEPROOFのケースのおかげて無傷ですんでいます。

 

ケースは必須ですね(・_・;)

 

誰かの何かの参考になれば嬉しいです

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です