理学療法士がエアロバイク(AFB6010)を買ってみた!

はじめに

今日から2017年度の心臓リハビリテーション指導士研修が全国で始まっていますね

ぼくも1ヶ月後に参加するので、必死こいて勉強しているちんねんです、こんにちは

 

その心リハの勉強の中で、全身持久力(心肺)トレーニングやCPX(心肺運動負荷テスト)で使用される機器に、自転車エルゴメーターが出てきます

 

こんなヤツ

pic_div_rehabilitaion_19

岐阜ハートセンター様より引用

 

そのAT(無酸素性作業閾値)レベル以下の運動(有酸素運動)のメリットをこれでもかと勉強している内に、ぼくも自転車エルゴメーターを漕ぎたくなってきました

影響を受けやすいアホなんです

 

 

ぼくはほぼ毎日運動はしているのですが、無酸素的な運動(筋トレ)ばっかりで有酸素的な運動は全くしていないんですね

そこで今回チャレンジしてみようと思った訳です

 

 

 

有酸素運動であればウォーキング(散歩)が気軽でいいのですが、家の外なので恥ずかしくない格好で歩かないといけません

知り合いにばったりっという事も十分考えられます

今も梅雨にはいっているので雨が降っていたらカッパも着ないといけません

汗でジメジメしそう…

また暗ければライトや反射たすきなどを持っていく必要があります

下手したら犬のうんこを踏んでしまう事もあるかもしれません

 

 

そこで思いたったらすぐにできる有酸素運動ということで自転車エルゴ(=エアロバイク)になった訳です

またぼくは普段よくipadでYou tubeをみるのですが、自転車エルゴをこぎならがらだったらYou tube見れるんじゃね?と目論見もありました

これだったらipadで動画を見ながら運動しても車にひかれる事はないでしょう

これからの暑い季節、エアコンを効かせた部屋で運動できるので運動をするまでの心理的なハードルが低くなることも期待できます

 

 

で購入したのはコチラ

市販されているエアロバイクはジムやリハビリで使われる様な高機能のものから、機能がかなり限られた単純なものまで沢山あります

価格もピンキリです

そんな中でぼくがこれを選んだ理由は駆動音が静かであるというamazonのレビューと、サドルの前後上下の調整ができるという事、この2つの条件を満たしつつ安価なものという事でコチラになりました

 

安価っていっても3万近くするので悩みましたよ

 

 

スポンサーリンク

 

 

届いたのでセッティングして漕いでみた

組み立ては不要でハンドルとサドルの調整をして、コンセントにつないだらすぐ使える状態になりました

 

セッティングした状態がコチラ

写真 2017-07-01 9 52 42

ん~~なかなかカッコいい!!

 

 

初期設定をして幾つかある運動プログラムでしんどそうなP7を選び30分漕いでみました

レビュー通り動作音は静かでした

下手したらジムやリハビリの訓練室に置かれている古い専用の自転車エルゴよりも音が小さいかも

深夜や早朝、急に思い立って漕いだとしてもご近所のご迷惑にならないレベルにあります

 

 

amazonのレビューにはサドルが固いという方が多くいましたがぼくには柔らかく感じました

いつもロードバイクのやや硬めのサドルを使っているからかな?

普段ママチャリなどのクッション性の高いサドルを使っている方や、長時間自転車に乗る事が少ない様な方では少し硬く感じてしまうのではないかと思われます

もうすでに買ってしまわれた方は、少しサドルの位置を低くして体重を足に分散したり、やや前傾になる様にして上半身の体重を腕で受ける様にするとお尻の痛みはマシになるかもしれません

それでもダメだったら別売りのサドルカバーを検討されてもいいと思います

コチラ

 

 

久々に腕に汗の玉ができるぐらい必死に30分間漕いだのですが、消費カロリーはたった167kcal!

ポン・デ・リング1個(232kcal)にもなりません(・_・;)

 

今後ドーナッツを買う時、かなり躊躇い(ためらい)そう……

摂取カロリーが多めの方にも心理的抑制効果がありそうです

写真 2017-07-01 10 48 32

ディスプレイが平べったかったので、ひょっとしたらipad置けるんじゃね、と思いついて載せてみました(右上の図)

結局、運動中滑り落ちる事なく載せて置くことができました

 

ぼくのipadはケース(LIFEPROOF nuud)に入れているのですがこのケースのフレームが硬質なゴム素材だったので摩擦で落ちにくかった様子

あとこのディスプレイはもちろん本体のハンドル部分と繋がっているのですが、漕いでいる最中も殆どガタつかず振動しなかったのも良かったんじゃないでしょうか

 

ただしっかり固定していないためいつか落ちそうな感じがしました

落下の不安を減らした形で、できるだけ簡単にipadを見ようとすれば、滑り止めシートのようなものを本体ディスプレイに掛けて、その上にipadをおけばかなり落下は防げるのではないかと思います

 

こんな感じ

写真 01

ただそうなると本体のディスプレイを見たければ(運動時間、消費カロリーやwatt数など)、滑り止めシートをいちいち外す必要があるんですね

そればちょっと面倒というデメリットはあります

 

 

設定方法

説明書にも書かれていたのですが、結構わかりにくかったため困ってる方もいるのではないかと思ったので簡単な設定方法を説明します

 

①リセットボタンを長押し

写真 2017-07-04 5 56 58

 

 

②自分の身体の状態を記録する番号を決めます

写真 2017-07-04 5 58 39

U0からU4まで5人分の身体の状態を記録できます

ぼくはU0に自分の身体の状態を記録する事にしました

決定ダイヤルを回して、U0になった所で決定ボタンを押します

 

 

③「性別」、「年齢」、「身長」、「体重」を決定ダイヤルを使って登録していきます

これらを登録することで運動時に消費したカロリーなどを知ることができます

写真 2017-07-04 6 17 42

 

 

④運動メニュ-を決めます

ぼくはプログラムメニューのP7を選びたいので「PROGRAM」を決定ダイヤルを回して選択

写真 2017-07-04 6 23 07

 

そして決定ダイヤルを回してP7を選択

写真 2017-07-04 5 52 58

 

 

⑤負荷量を決めます

写真 2017-07-04 6 29 52

決定ダイヤルを回すと上の様に負荷量を微妙に変えられます

ちなみに負荷量は運動している最中にもダイヤルを回す事で変えられますよ

 

 

⑥運動時間を決めます

ぼくは「30分」運動したいので「TIME」の所が30:00になるように設定します

写真 2017-07-04 6 34 33

 

他にも設定はできますが、ぼくはもうこれで十分なので「スタート」のボタンを押せは運動が開始となります

 

どうでしょう、慣れれば結構簡単でしょ?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

音も静かでフレームのガタも少なくペダルを快適に漕ぐことができたのでもう大満足です

ipadも簡単な準備をするだけで見ながら運動できたので、これからの時間が有効活用ができそう

心リハ指導士の勉強の気分転換も兼ねて、ちょくちょく乗ってみたいと思います

いい相棒ができた感じ

 

 

どこかのだれかの参考になれば嬉しいです

がんばっていきまっしょい!

 

 

 

筋トレ関連リンク

チンニングスタンド(懸垂台)自作
自作チンニングスタンド(懸垂台)をデップスが出来るように改造

ラバーダンベルセット購入(IROTECラバー ダンベル40KGセット)
ラバーダンベル追加購入(IROTECラバー ダンベル40KGセット)
またダンベルを追加購入(WILD FITアイアンダンベル60KGセット + シャフト550mm変更)
ダンベルトレーニングがはかどる物( ホームセンターで購入可)
カーフ・レイズ用の台を作ってみた(下腿三頭筋の筋トレ) 

フラットベンチ購入(LEADING EDGE FLAT BENCH:LEFB-005)
リフティングストラップ購入(ハービンジャー リフティングストラップ #213 フリーサイズ )
トレーニンググローブ購入(ハービンジャー トレーニンググローブ #155)
グリッドフォームローラー(ストレッチポールの様なもの?)を買ってみた
地下足袋で筋トレ 
エアロバイク( AFB6010)を買ってみた!

リョービのハンディクリーナー(BHC-1410)を買ってみた!
おススメの度付きゴーグル(SWANS近視用 度付レンズ + 専用ベルト)
清正のプール と 清正の湯(体組織計:筋肉量測定)
おすすめ本(脳を鍛えるには運動しかない!/ トレーニングをする前に読む本)
握力測定(デジタル握力計 グリップD TKK5401)
スイムタイム計測(CASIO ストップウォッチ HS-80TW-1JH)
バランスボール購入(La・VIE NON-BURST GYM BALL65cm)
活動量計(TR10)買ってみました。

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です