心リハ指導士研修の研修先が決定!***⑨

昨日、心リハ学会事務局からメールがありました

今月下旬から来月上旬に研修先について連絡があると聞いていたので待ちに待っていました

 

 

コチラ

SS

下線部、およびモザイク部分は加工

 

 

今年は168人心リハ指導士研修を受けられる様です

意外と多いんですね

研修期間は最短でも平日5日なので業務を離れての研修は参加しづらいと思っていたので、もっと少ないものと思っていました

必要書類を気合を入れて早めにだしてよかった…

 

 

希望施設にかなりの偏りがあったという事ですが、ぼくは第一希望の所が研修施設となりました

維持期(生活期)に力をいれている施設を希望されている方が少なかったのか、早くだしたのが良かったのかはわかりませんが結果オーライ

 

 

下線部にもあるように研修費用である3万円を期日までに忘れず振り込みたいと思います

研修日が決まったのでこれから利用者さんとの日程の調整、研修責任者の方との連絡、ホテルの準備、などすすめて行きたいと思います

 

 

ただ心リハ指導士研修の要項には、必ず事前に「心臓リハビリテーション必携」や参考書等を読んで循環器や心臓リハビリテーションに関する基本的知識を獲得しておくこと、と書かれているのが気になります

また研修者の知識を確認する目的で最初に理解度チェックを行う事がある、いう事も書かれているのもビビりまね(・_・;)

 

 

学会のHPで(学会員には)公開されている心リハ指導士の過去問以前に購入した個人販売の心リハ指導士の問題集ほとんど解ける様にはなりましたが、試験問題 と 臨床は違いますもん

そこで8月の研修までの間に、より実践的な心リハの臨床イメージを高める目的で以前に買った参考書を読み返しておこうと思います

 

 

その参考者は高橋哲也先生が書かれたものになるのですが、ぼくの中で心リハと言えば高橋先生でなので愛媛に来られた時には、欠かさず講義を拝聴させてもらっています

⇒ 高橋哲哉先生の講義を聴きに行ったよ!(第21回愛媛県理学療法士学術集会)

⇒ また高橋哲也先生の講義を聴きに行ったよ!(第21回愛媛心臓リハビリテーション研究会)

 

 

高橋先生の本はもう自炊してipadの中に

SSSS

 

 

こちらの本

この本は出版が2009年と古いのですが、図が多く臨床がイメージしやすいのでおススメです

 

 

どこかの誰かの参考になれば嬉しいです

頑張っていきまっしょい!

 

次の記事はコチラ  ⇒ 心リハ研修に向けて準備(勉強的な事「CPX・運動療法ハンドブック 改訂3版」・実務的な事)***⑩

 

スポンサーリンク

 

 

 

心臓リハビリテーション関連リンク

心臓リハビリテーション指導士のテキスト(心臓リハビリテーション必携)が届く***①
学会誌届く***②
(朗報)過去問いっぱい!!***③
個人販売の問題集を購入!*** ④
心臓リハビリテーション指導士の自作問題ほぼ完成!*** ⑤
心臓リハビリテーション研修制度を利用してみる!***⑥
「看護の現場ですぐに役立つ モニター心電図」を読んでみた!***⑦
2017年度 心臓リハビリテーション研修 に申し込み***⑧
心リハ指導士研修の研修先が決定!***⑨ 
心リハ研修に向けて準備(勉強的な事「CPX・運動療法ハンドブック 改訂3版」・実務的な事)***⑩


高橋哲哉先生の講義を聴きに行ったよ!(第21回愛媛県理学療法士学術集会)
また高橋哲也先生の講義を聴きに行ったよ!(第21回愛媛心臓リハビリテーション研究会)
ABCDEバンドルと維持期 (訪問看護・訪問リハビリ)
リスク管理、スターリングの法則、拡散障害

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です