プレゼンの際、音をパソコン(T552/58FB)から鮮明に大きく出すためSRS-X1を使ってみた!

はじめに

今日午後から訪問看護師さん向けに聴診の講義をさせてもらうので、その際に受講者の方に呼吸音を聴いて頂こうと思っています

正常呼吸音は受講者どうしで聴診器を使って聴く事ができるのでいいとして、病変がないと聞こえない副雑音はどうしても外部の音ファイルを再生して聴いてもらう事になります

 

※ 例えば 「読む肺音 視る肺音 病態がわかる肺聴診学」 という本を購入してユーザー登録すると、副雑音の音ファイルをgetできます⇒ 詳しくはコチラ

 

ぼくも受講者として聴診の講義で呼吸音を過去何度も聞かしてもらう事がありました

 

 

ただその際、パソコンから出る音をマイクで拾い会場のスピーカーから流される先生が多くいらっしゃいました

パソコンからでる音自体自体小さいので、聴いても良くわからず残念な気持ちに(・_・;)

 

 

今回受講してくれる方々にはそんな思いをしてもらいたくなかったので、今回色々試行錯誤してみました

その方法は音源を大きく聞こえる様に加工した上で、ぼくが臨床でよく使っているBluetoothスピーカー(SRS-X1 ) を2個使ってみるという方法です

このスピーカー自体にアンプが内臓されているのでさらに大きな音がでます

 

コイツです

 

SRS-X1を買った時の記事はコチラ ⇒  防水モバイルスピーカー(SRS-X1 BC)を買ってみた!

 

 

ただこのSRS-X1には15分程度パソコンからの音声出力がないと勝手に電源が切れる「オートパワーオフというとっても邪魔が機能があったので、これをなんとかする必要がありました

 

今回2個使う予定なので一度電源がオフになるとパソコン画面からまた再設定しないといけないんですね

プレゼン中にこれをするのはスマートではありません

(※ ちなみに1個しか使用しない場合はSRS-X1の電源を入れるだけでパソコン操作なして可能です)

そこで人に聞こえない音源 を10分おきに鳴らすフリーのアラームソフトを使う事で、無事に会場で音を大きく響かせる事ができそうなできたので、その方法を紹介したいと思います

 

プレゼン等でパソコンからの音を会場に大きく鮮明に響かせたい方の参考になれば嬉しいです

 

 

スポンサーリンク

 

 

1.まず音源を更に大きく音が出るように加工

こちらのサイトでオンラインで音ファイルの音源を大きくする事ができます

MP3音量増加オンライン, オンラインでMP3の音量を上げる, MP3音量増加, MP3 Louder

 

ぼくは5デシベル程度に音量を全て上げるように加工しました

大きく上げすぎると音割れがしてしまいます

 

そのため音を加工したら、実際に聞いてみながら微調整することをおススメします

 

 

 

2.プレゼンで流す音源をステレオからモノラルへ変換

今回SRSーX1を2個使い会場の左右に置いて音を鳴らす事を想定しています

音源がステレオだと片方しか音がでない時があるので、それを防ぐために以下のフリーソフト(Audacity)を使いモノラルに変換させておきます

 

・使い方はコチラのサイト(⇒ Audacityの使い方を分かりやすく解説するサイト )が詳細に書かれていて助かりました

【Audacity】音楽ファイルをモノラル↔ステレオに変換する方法

 

・ダウンロードはコチラ(⇒ 窓の社

窓の杜ライブラリ

 

これでモノラル化した音源をパワーポイントに貼り付けておいて、プレゼン時にクリックして鳴らす様に設定

これで2個のSRSーX1から同じ音を出すことができました

 

 

 

3.パソコンにBluetooth機能をつける

ぼくのノートパソコン(T552/58FB)は古くBluetooth機能がないため、USB接続で簡単にBluetooth機能を付けれるアダプターを購入

確か1000円ぐらい

 

こちら

これでパソコンとSRS-X1 との接続はOK

 

接続方法としては、同封されたCDをインストールするとデスクトップに以下のアイコンが作られるのでコレをクリック

q

 

するとこんな画面が出てきます

pq2

繋ぎたいスピーカーを操作してペアリングを行うとアイコンが作られます

すでに2個のSRSーX1とのペアリングが完了していたので、すでにSRSーX1のアイコンが2つあります

 

繋ぎたいスピーカーをクリックします

aaaa

この画面で「接続」をクリックするとパソコンと繫ぐ事ができます

 

接続が完了すると以下のアイコンが出てきます

ああ2

 

 

 

4.2個のSRSーX1とパソコンを接続する

詳しくはメーカーであるソニーのコチラのサイトを観て頂けるといいと思います

写真 2017-03-17 7 09 11

 

2つとも電源を押す

写真 2017-03-17 7 12 25

 

すると2つとも青いランプが点灯します

写真 2017-03-17 7 13 45

 

1つは◀︎◀︎を長押し、もう1つは▶︎▶︎を長押しします

写真 2017-03-17 7 15 52

 

すると◀︎◀︎を長押しした方のランプは白く点灯し、▶︎▶︎を長押ししたものは青く点灯します

写真 2017-03-17 7 16 36

これで青く点灯した方のSXSーX1とパソコンをペアリングすると2つのSXSーX1から音が出るようになります

 

 

5.フリーのアラームソフトをインストール

そのアラームソフトは 「SnapTimer」でこちらから無料でダウンロードできます

 

ここをクリックしてダウンロード開始

IMG_4197

 

デスクトップに以下のSnapTimerという名前の圧縮ファイルが生成されます

IMG_4202

 

これをダブルクリックして解凍するとSnapTimerという名前のフォルダが生成されます

これをダブルクリックすると以下の様になります

ああ3

このフォルダの中に「sounds」というフォルダがあるのですが、この中にはこのソフトでアラームとして再生する音源が入っています

 

 

こんな感じ

IMG_4205

この音ファイルはアラームで再生される音のでもちろん気付きやすい音になっています

この音をプレゼン中に流す訳にはいきません

聴衆の方は「なんだ?なんだ?」となってしまいます

 

そこで再生されても分からないような音ファイルを自作することにしました

 

 

6.再生されても分からないような音ファイルを自作

家にネズミが嫌いな音が出る機械があったので、その音(たぶんかなりの高周波な音)なら人間には聞こえないけど音は発生している訳なので、この音をICレコーダーで録音して、音ファイルを作ることにしました

 

使ったICレコーダーはコチラ

 

 

それで作ったファイルはこちらになります

 

全く聴こえないでしょう?

でも音としてはちゃんと出ているんです

10代ぐらいの若い人だったら分かるかも?

 

この音ファイルを使用されてもいいですが、この記事に貼り付けるためファイル形式は.mp3に変換していますので.wavに変換してお使い下さい

 

無料でmp3からwavに変換できるサイトはコチラ

 

 

この音ファイル(.wav)をこれを「SnapTimer」のフォルダの中にある「sounds」のフォルダの中に入れます

IMG_4206

 

 

7.SnapTimerの設定を行う

IMG_4210

「SnapTimer」のフォルダを開き、①のSnapTimer.exeのアイコンをダブルクリックすると②がでてきます

 

②の中にある「Edit」をクリックして、③の「Options」をクリック

 

すると以下の画面が出てきますので、

IMG_4211

①の「Alarms」のタブをクリックし、②の「Browse」をクリックし、先ほど「sounds」のフォルダに入れた自作の音ファイルを選択

 

これでアラームの際に自作の音ファイルが再生されるようになりました

今度はそのアラームが1回きりなるのではなく、10分ごとに鳴るように設定します

これでSXSーX1の電源が勝手に切れるのを防ぐ訳です

 

 

先ほどは「Alarms」のタブをクリックしましたが、今度は①の「General」のタブをクリックします

IMG_4213

②の「Autosave setting」と「Automatically restart timer」にチェックを入れ、それ以外を外します

 

最後にタイマーを10分に設定して終わり

IMG_4215

 

これで設定が終わり

 

プレゼンをする前にこのソフトを起動させてさえいれば、オートパワーオフを回避した状態で、パソコンから出る音を大きくする事が出来るようになりました(^_^)

 

どこかの誰かの参考になれば嬉しいです

がんばっていきまっしょい!

 

スポンサーリンク

 

プレゼン関連の記事

壁に張り付き簡単にプロジェクタのスクリーンになるシート(セーラー万年筆 どこでもシート)

プレゼンの際、音をパソコン(T552/58FB)から鮮明に大きく出すためSRS-X1を使ってみた!

看護師やセラピスがプレゼンをする5つのメリット

手にマイクを縛りつけてのプレゼン(ぼくのプレゼン方法)

プレゼンは美しくないといけない?(プレゼンテーションZEN)

スライドにのせる動画の黒帯を小さくする方法 (パワーポイント忘備録)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です