論文・資料の整理にスキャンスナップ (FI-IX500-DC)を使ってみた!

現在、部屋には参考文献の書類やら本やらが沢山あり、見たい資料を見つけるのにも時間がかかっています○rz

 

しかも職場が、今度正月明けに引越しするのですが、どうも自分の本を置くスペースがとれないという悲しい事実が判明( ;∀;)

 

今20冊近く置かして頂いているのに、それが難しいとなると、非常に困った事になります。

 

そこで今更なのですが、書籍の自炊(データ化)をする事にしました。

 

検索が可能なPDFとして保存ができれば、職場でも家でも出先でも気軽に文献にアクセスできるし、スペースの節約にもなると考えたからです。

 

そのために今回購入した商品のはこちらになります。

 

 

自分の手を切らない様に注意しながら、何とか正月休みまでにデータ化をぼちぼち進めていきたいと思います。  

 

 

さっき届きました。

 

 

 こんなん入ってました。 意外と小さい!

 

 

それと自炊用に買った本を切断するためのアルミモノサシ、カッター、カッターシートです。

 

【2013年12月15日 追記】 取り敢えず「理学療法えひめ」3年分をPDF化してみました。 まず切りとります。 ちょっとビクビクしています。 スキャンスナップで読み取ります

 

カットから20分程で3冊データ化する事が出来ました。

 

2014/1/18追記 毎日ちょっとずつスキャンして15000ページを超えましたが、まだまだ取り込みたい書類があります(;ω;)。

 

やっと6割終わった所でしょうか。 まだまだ先は長い…

昨日本体のフォームウェアの更新があり、パソコンとUSB接続しなくてもスキャンする事が出来るようになりました。

 

ちょっと便利になりました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です