干柿を作ってみた!(枝が取れてしまった場合のrecover方法)

はじめに

今年も知り合いから作って欲しいというリクエストがありましたので、転倒予防の講義も一段落したので気分転換に作ってみました

また現在訪問している利用者さんに元柿農家の方がいて、とっても詳しく教えてもらったのシェアしたいと思います

いや~~田舎ってこんな専門家が近くいるのがいいですね

 

スポンサーリンク

 

 

使った道具

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-36-08

・西条柿(渋柿)・・・‥近くの八百屋さんで10kgが980円で売っていました! かなりお安いじゃないでしょうか? 干柿用という事でがついていました。吊るすには枝がついているものを買いましょう

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-19-52-34

・ポリプロピレンテープ(PPテープ)・・・・・・柿を吊るすのに使います。安価で 防カビ・防菌作用あり

・ビニルシート・・・・・・今回は柿を吊るすベランダで作業しますので、後片付けが楽になるのでこの上で作業します

・小さめの庖丁(ほうちょう)・・・・・・皮を剥いたり、ヒモを切ったりするのに使います。果物の皮を剥くのに慣れていない方はピーラーの方がいいのではないでしょうか?

・柿を吊るす前に入れる沸騰した水・・・・・・皮を剥いた柿をそのまま吊るすと手についてた雑菌が繁殖しやすくなるため、一度、お湯の中にくぐらせてから吊るします。今回はベランダで作業するのので、カセットコンロと鍋を使用

椅子・・・・・・10kgの柿の皮を剥くだけでも軽く30分近くかかるので座った方がいいです。コンテナを椅子代わりにして使用

・皮を入れる鍋・・・・・・・10kgの柿の皮なので結構な量になります。まとめて捨てるのにスムース。鍋だと使った庖丁を縁に置いておけるので便利。

・割り箸・・・・・・・ヒモをつける枝が取れてしまった場合に使います。後ほど詳しく説明

 

 

干柿作成手順

①皮を剥く前に全ての柿をヒモでニコイチにして結びます

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-55-47

この時にヒモが余り過ぎると乾燥した時に果肉にくっついてしまうので、できるだけ短めにするのがおススメ

 

 

②ヒモが着いたまま皮を剥いていきます

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-53-29

 

 

③ニコイチの柿を剥いだら、そのまま沸騰したお湯の中に2,3秒くぐらせます

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-58-17

 

 

④それを何度も繰り返すとこんな感じになります

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-46-57

なかなか綺麗ですね

 

 

剥いだ皮で鍋もいっぱい

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-43-47

 

 

 

ヒモと着ける枝が取れてしまった場合

こんな時にどうするか?ですね

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-20-03-03

ヒモを引っ掛ける所がありません

 

ここで割り箸の出番です

①割り箸を細い方にヒモを結びます

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-13-01-47

 

 

②皮を剥いだ柿の中を貫通させます

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-12-42-12

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-13-02-54

割り箸の太い方でヒモが止まるのでヒモが外れる事はありません

貫通した後、ヒモを割り箸の細い方にずらせば、簡単に外す事ができます

 

 

③そして果肉ごとヒモを結んで出来上がり

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-13-05-06

 

 

渋柿を干してみた感想

皮を剥いでは干す、剥いでは干す、という同じ作業を繰り返すことは結構夢中になれるのでストレス解消にいいかも

剥いていると渋(タンニン)の影響で庖丁や手が真っ黒になったりして、ちょっとした化学反応も楽しめます

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-20-24-44

今回は元柿農家の利用者さんのアドバイスのおかげでスムースに作業する事ができました

その方からは、干して終わりではなく「これからときどき揉(も)んであげないと、上手く渋が抜けない」と言われました

隙を見つけては揉んでいきたいと思います

 

(追記2016/12/01)

干柿の揉み方

ビニールか買い物袋でもいいそうなのですが、素手で揉むとカビなどがつきやすいのでそれらを使います

img_3871

今回は分かりやすい様に透明なビニール袋を使用

 

この袋の中から柿を掴んでモミモミします

img_3872

揉むことで中心付近に渋が残るのを防ぐことができるとのこと

 

揉む強さとしては、強すぎると形が崩れてしまうのですが理想としては中の種(たね)が少し動くぐらい

果肉が固いうちは無理なので、ある程度柔らかくなってからですね

 

揉む頻度としては週に2.3回で十分と教えて頂きました

(追記ここまで)

 

 

 

(追記4)2017/12/23

今年もビニール袋に手を入れて揉んでいたのですが、干柿の数が多く揉んでいくうちに手の熱を干柿に奪われてツラくなってきました(・_・;)

そこで熱を奪われない様に「軍手」をはめて揉んだ所、とても具合がよかったので紹介します

Exported Image_2017-12-22 23-14-12

軍手ならそのまま干柿と一緒に干して置いて、揉む時に手にハメるという方法が楽ちんです

人にあげるなど清潔さを気にされる方や、カビが生えやすい環境の方は、この軍手の上にビニールを覆ってそれごと揉むといいんじゃないでしょうか?

(追記4ここまで)

 

 

 

(追記2)2016/12/10

干して2週間後

揉んで干してを続けるとこんな感じになります

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-11-19-09-42

ちょっと萎みましたね

大分柔らかくなって簡単に種も動く様になりました(^o^)

ただ揉みの足らない所はオレンジのままです

精を出してもんでいきます!

(追記2 ここまで)

 

 

 

(追記3)2016/12/17

干して3週間後

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-18-8-28-11

だいぶ黒く小さくなってきました

幸い今のところ1つもカビってません

あともう一息っていった所ですね

(追記3 ここまで)

 

 

 

 

最近寒くなって来ているので、干柿をするのに向いた時期になったのではないかと思います

作っても楽しめますし、食べても美味しいし、あげても喜ばれる事が多いので、皆さん作ってみてはいかがでしょうか?

またぼくの様な訪問リハビリに関わる方なら話のネタや、動くきっかけになるかもしれません

 

 

どこかの誰かの参考になれば嬉しいです

がんばっていきまっしょい!

 

 

 

過去に作った料理

ぼくのオートミール定番メニュー(不味いオートミールを飽きずに食べる方法) 
ぼくのオートミール定番メニュー(さっぱりしたもの) 
オートミール(日食オーツ&クエーカー) 
理学療法士(男)だけど、オートミールパンケーキに栗とコーラを入れてみた!
理学療法士(男)だけどオートミールで親子丼を作ってみた!

干柿を作ってみた!(枝が取れてしまった場合のrecover方法) 
舌平目(レンチョカレイ)の煮付け
干し芋(一夜干しネット FP-156)
つくし、ツクシ、土筆
理学療法士(♂)だけど、ギザミの南蛮漬け と カレイの煮付け を作ってみた!
理学療法士(♂)だけど、肉じゃが を牛すじ肉で作ってみた!
理学療法士(♂)だけど、かぼちゃのひき肉煮を作ってみた! 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です