ケアマネ試験合格後、更新研修を約10年後に延長する方法

はじめに

先日、勉強会の時に同僚から本年度のケアマネ試験に合格したという話を聞きました

 

オメデトン

 

しかしどうも話を聞いていると、通常合格して5年後に受ける更新研修できるかぎり先延ばしにする方法については知らなそうだったので、ぼくが以前にした方法を紹介しました

 

((注意))

※ あくまで平成28年度の制度改正前の話なのでご注意下さい

 

特に合格してすぐケアマネ業務をしない方、ぼくの様にケアマネ資格を勉強の意味合いで取った方には朗報になるかもしれません

研修はむっちゃ長い時間拘束されますから

出来るだけ先延ばしにしたいですね

ぼくの同僚の様に知らない方もいるかもしれないのでシェアしたいと思います

 

 

ただ注意点として本年度から研修期間や内容がかなり変わっているので、今年の研修でも同じ事ができるのかわかりません

そのため県の研修担当の方に確認は必要だと思います

この事を留意してもらった上でよろしくお願いします

 

 

こちらの図が本年度の変更が非常にわかりよいと思います

a

介護業界で働きたい!介護職・ケアマネ等の最新求人情報 様より引用改変

 

今年から実務研修で 43時間増、更新研修で 35時間増  ですね

 

まさにですね

 

 

スポンサーリンク

 

 

ぼくがした方法

ケアマネ試験に合格し無事に実務研修を終了すると、下の「介護支援専門員の交付及び更新フロー図」の書類が配られました (※本年度は内容が違うと思いますので注意

img_3765

この書類は実務研修後どの様な流れで進んでいくのかわかりやすく図式化してくれているものです

 

 

実務研修を終了した後すぐに県に介護支援専門員の登録をする事になります

で登録が完了すると県からこんな書類を頂きます

saaaa%ef%bd%84

この書類は実務研修期間中に研修場で渡されました

 

 

通常はこの後「介護支援専門員証交付」のため、実務研修の最後の日に研修場で、県に以下の書類で交付を申請をする方がほとんどです

aa

ですが、「介護支援専門員の交付及び更新フロー図」の書類にもある様に「介護支援専門員の登録」をしてから「介護支援専門員証交付の申請」をするまで5年間の猶予があります

 

%ef%bc%92

 

ぼくがした方法というのは、この5年間の猶予を使った方法です

 

一度「介護保険専門員証の交付」を申請してしまうと、交付してもらった時から5年後には必ず更新研修を受けなければならないので、交付してもらうまでの期間をできるだけ伸ばそうという魂胆です

 

 

 

つまり「介護保険専門員証の交付を申請までの猶予期間の5年」 + 「介護保険専門員証の交付後の5年」で、ケアマネ合格してから更新研修を受けるまで約10年引き伸ばす事ができます

 

ちなみにぼくは小心物なので、本当に可能なのか県の担当の方にメールで尋ねて確認しました

※本年度は違うかもしれないので注意

Processed with MOLDIV

 

Processed with MOLDIV

このような回答をしていただいて安心した記憶があります

 

この回答にある様に証の交付は登録から5年以内です

そのためぎりぎりに申請したはいいけど書類に不備があると、書類のやり取りに時間がかかるため5年以内の交付してもらえないリスクがあるんですね

なのでぼくの場合は3月ではまずいと思ったので1月上旬に申請し受理されました

 

 

送付した書類

写真 6 20 26

①介護支援専門員登録通知書のコピー

②様式第2号(コチラからダウンロード可)に必要事項を記載した上で愛媛県収入証紙 4200円分を貼り付けたもの

 今回初めて愛媛県の収入証紙なるものを購入したのですが、愛媛県の各所で売られています

 ぼくは今治に住んでいるので、午後8時まで販売してくれている今治自動車教習所で購入しました

写真 2017-01-11 13 00 42

 夜遅くまで販売してくれているので助かりました(^^)

③自分の住所を書いた返信用封筒(長形3号,402円分の切手貼布)

④自分の名前を裏に書いた証明写真(縦3cm×横2.4cm/6ヶ月以内に撮影した物/インクジェットプリンタ等で印刷したものは不可

 

 

 

どの様にして送ったのか?

上記① ~ ④ の書類をダイソーで売っていた角形2号の封筒に入れ、郵便局の特定記録郵便で送りました

これが角型2号の封筒

写真 2017-01-11 18 50 04

書類を折り曲げずにちょうどいい感じに入れる事ができました

 

 

こちらが特定記録郵便

写真 6 27 00

特定記録郵便にした理由は、ぼくがちゃんと送った証拠を残しておきたかったからです

後で県と送った、送ってもらってない、という揉め事を回避できるため

通常の郵便料金の120円に加え160円余分に必要ですが、安心料としては安いと思うので期限の決まっている書類を出す時には利用することがあります

 

 

介護支援専門証が届く

しばらくすると簡易書留で県から封筒が届きました

Processed with MOLDIV

 

添付書類①

IMG_4111

今回の添付資料によるとまだぼくの方法は使えるかもしれませんね

 

 

 

添付書類②

0004

 

 

その中に専門員証も

Processed with MOLDIV

これで後5年間は更新研修を回避できそうです(^^)

 

 

まとめ

今回ぼくが紹介した方法は制度が変わる前の方法なので、現在も使えるかどうかはまだ分かりません

でも使えると、ぼくの様なケアマネ業務をすぐしない様な方にはメリットは大きいと思ったので今回記事にしてみました

なのでこの方法を使いたい方は一度県の担当者の方に尋ねる事をおススメします

実務研修会場に担当者の方は何人も来ていると思いますので

 

また使えたよ、あるいは使えなかったよって方がいたら教えて貰えると嬉しいです

 

ケアマネ試験に合格した方はこれからきっつい実務研修があると思います

インフルエンザにかからない様に体調管理に気をつけてがんばって乗り切って下さい

 

どこかの誰かの参考になれば嬉しいです

がんばっていきまっしょい!

 

 

 

 

関連リンク

ケアマネ試験の勉強方法
ケアマネ試験合格後、更新研修を約10年後に延長する方法 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です