自分で痰を出しやすくする方法(ハッフィング)についてまとめてみた

はじめに

ぼく普段の臨床(訪問リハビリテーション)では、痰を自分で出す方法として咳が上手にできない患者さんにこのハッフィング(= 強制呼出:huffing)をしてもらう事が結構あります

 

排痰手技といえば「スクイージング」や「呼吸介助」を思い浮かべる方も多いかもしれません

これらの手技ももちろん排痰に優れていますが誰かに胸を押さえてもらわないといけないんですね

アラブのお金持ちなら胸を押さえてくれる人を2、3人雇っておけるかもしれませんが………現実的ではないですね

 

 

しかしこのハッフィングは患者さん自身で痰を出しやすくする方法になります

患者さんが自分が痰を出したい時に出せるというのは、とっても素敵な事ではないでしょうか?

 

 

そんなハッフィングなのですが、人によっては他の排痰手技と混同している方もいるので今回まとめてみます

 

 

スポンサーリンク

 

 

ハッフィングの定義・方法

定義は 「肺理学療法標準手技」のP42に以下の様に書かれています

気道内分泌物の移動を目的として、声門を開いたまま強制的に呼出を行うこと

 

 

ただ同じハッフィングでも中枢気道にある痰を出したい場合と、末梢気道にある痰を出したい場合との方法が異なるので注意が必要です

ASS2

 

中枢気道に痰がある場合

 

【フィジカルアセスメント】

・パルスオキシメーターで計測した際にSpo2の低下や、呼吸数(RR)の増加を認める事が多い

・患者さん自身はどう感じているかというと、もうちょっとで痰が出そうな違和感や息苦しさを訴えられる事が多い

・ゴロゴロ音がする様な貯痰留音を聴取

・聴診時には低音性連続性ラ音(ローンクス)を聴取

・前胸部を触っていると感じる痰の振動(=ラトリング:rattling)を触知

 

【方法】

深く息を吸い込んだ後、可能な限り早く 短く 「ハッ、ハッ」と 1~2回 行う

 

 

 

末梢気道に痰がある場合 

ASS2

 

痰をまず末梢気道から中枢気道に集めてから、先ほどの「中枢気道に痰のある場合」の方法で出します

 

 

【フィジカルアセスメント】

・中枢気道に痰が貯まっている場合と比べて、患者さん自身も違和感を感じにくかったり他覚的にもわかりにくい場合が多い

・聴診では水泡音(コースクラックス)や高音声連続性ラ音(ウィーズ)が聴取されたり、肺胞呼吸音の減弱がみられる

・臨床的にはハッフィングをしていると徐々にコースクラックスやウィーズからロークスに音が変わる事がある

 

 

【方法】

① 中程度の吸気の後、軽く口を開いて、ゆっくり長く「は~~」と 胸郭 と 腹筋 を使って息を絞り出す

呼気の最後はお腹に力を入れて息を絞り出す(これは腹式呼吸ではなく腹圧呼吸といいます)

そうしているともし痰が末梢気道にあった場合には、徐々に中枢気道に上がってきてゴロゴロとした貯痰留音などが聞こえ始める

そうしたら先ほどの中枢気道に痰が上がって来たんだなぁと考え、中枢気道に痰がある場合の先程のハッフィング方法を行う

 

 

② 深く息を吸い込んだ後、可能な限り早く 短く 「ハッ、ハッ」と1~2回 行って痰を出す

②で例え痰を口まで自己喀出できなくても吸引する事が可能な中枢気道である主気管支レベルまで痰を集める事ができたら吸引回数を減らせる事なども期待できるんじゃないでしょうか?

なので指示が入る方には吸引前にして頂いています

 

※なかなかこういった口頭指示が入らない方の排痰についてはコチラの記事を参照 ⇒ 楽な肺理学療法②( 訪問看護師さん対象: 吸引)

 

 

 

ハッフィングで痰が出やすくなるしくみ (等圧点理論)

ではなぜこのような方法で痰が出やすくなるのでしょうか?

そのしくみは等圧点理論で説明されます

 

強制呼出(以下huffing:ハフィング)をすると、気道に気道内圧 と気道にかかる側圧とが等しくなる点(等圧点:equal pressure point)が生まれます

 

HHHH

この等圧点より口側に部分的に気道が強く狭窄する部位が生じます

そこはchoking point (チョーキング ポイント)と呼ばれているのですが、気流速度はそこで最大となりこの強い気流が気道内にある痰を吹き飛ばす作用を持ちます

このchoking pointは 高肺気量※では中枢にあり、低肺気量※では末梢に移動すると言われています

 

ここで大事なのはchoking point移動するという事なんですね

 

 

肺気量によってchoking point 中枢から末梢へ以下の図の様に動いていると考えられます

 

DDDDDD

KIKIKI

GGGGG

図だと理解しやすいと思います

 

 

 

高肺気量、低肺気量とは何か?

先ほど等圧点理論の所で「choking pointは 高肺気量では中枢にあり、低肺気量では末梢に移動する」と書きました

そこで書いた高肺気量低肺気量 とは何なのか?と疑問に思われる方もいると思います

 

結論から言えば高肺気量も低肺気量も相対的なもので、きちんとした定義の記載は見当たりませんでした

知っている方がいたら教えて (>人<;) 

 

文献には「25%VCなどの低肺気量」 とよく記載されているので、25%VCが低肺気量なのは確かなようです

 

この25%VCとは何ぞや?という事なのですが、

 

肺の検査でトイレットペーパーの芯のようなものをくわえて思いっきり息を吐く検査(努力性肺活量検査)があります

こんなの

zensoku-test-thumb-001チェンジ喘息様より引用

 

これで検査で縦軸に息を吐くスピード(気速)、横軸に息を吐いた量(肺気量)をグラフにすると、以下の曲線(フローボリューム曲線)が得られます

 

image014リウマチアレルギー情報センター様より引用

この曲線で全ての息を吐き切った量(FVC)を4等分した際に、25%VCは図の25%にあたる部分のようです

 

要するにハッフィングで深く息を吸い込んだ後、可能な限り早く 短く「 ハッハッ」と1~2回 行うのがピークフローに近い高肺気量であり、中程度の吸気の後、軽く口を開いてゆっくり長く「は~~」と 胸郭と腹筋を使って息を絞り出すのが25%VCに近い低肺気量ではないかと思います

 

 

まとめ

どうでしょう、何となくハッフィングについて分りましたでしょうか?

以前に吸引回数を減らすために、「患者さんを動かす(動いてもらう)ことが大切で、それも肺理学療法ですよ」という記事を書きました

今回は身体を動かさなくても痰を出しやすくする方法なので、前回の記事の補完的なものになるかと思います

ただこのハッフィングも患者さんによっては痰を出しにくかったり、別の方法の方がより痰を出しやすかったり、あるいは医療従事者がそばにいる状態で排痰をした方がいい場合(窒息のリスク)などもあるかと思います

そのためこの記事を読んで、されようと思われる方は主治医あるいは関わっている医療従事者にまず相談される事をおススメします

 

 

誰かの何かの参考になればうれしく思います

がんばっていきまっしょい!

 

 

関連リンク

自分で痰を出しやすくする方法(ハッフィング)についてまとめてみた!
呼吸介助についてまとめてみたよ!
ポストリフトって知ってます?(僕がよくする肺理学療法手技)
息苦しいから呼吸介助?(息切れがあっても呼吸介助の意味がない場合)
「呼吸介助」 と 「スクイージング」の違いについてサクッとまとめてみた

 

 

スポンサーリンク

 

 

こちらも読まれると更にブラッシュアップできますよ

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんの息切れを軽くするために
COPDの患者さんが医療従事者に望む事は?
「禁煙」しないとリハビリしても意味はない!
「薬物療法」 と「酸素療法」に加えて「リハビリ」をする効果は?
腹式呼吸は指導すべき?
横隔膜の同定には打診!
息苦しい動作をする時のコツを知っていますか?
息苦しい動作の評価の仕方(医療従事者向け)
COPDの患者さんには食事(栄養療法)が大切な理由 
なぜCOPDの患者さんは筋トレをしないといけないのか?
「筋持久力」と「全身持久力」との違いはわかりますか?

呼吸理学療法手技
ポストリフトって知ってますか?
「呼吸介助」 と 「スクイージング」の違いについてサクッとまとめてみた
呼吸介助についてまとめてみたよ!
息苦しいから呼吸介助?(息切れがあっても呼吸介助の意味がない場合)
自分で痰を出しやすくする方法(ハッフィング)についてまとめてみた

吸引回数を減らすために
ゴロゴロ(貯痰留音)するからといって反射的に吸引していないですか?
動く(動かす)と吸引回数が減る理由はわかりますか?

聴診
前から見た時の、上・中・下葉の見つけ方
横と後ろから見た時の、上・中・下葉の見つけ方
肺区域(S1~S10)の場所の見つけ方
なぜ肺から音が聞こえるかわかりますか?
正常な音と、そうではない音との聞き分け方

呼吸関係その他
呼吸療法認定士試験の勉強方法
「スクイージング」の宮川先生達の講義があったので行ってきた!
酸塩基平衡の見方 
側副気道・排痰機序・等圧点理論 
換気血流比不均等、低換気の原因、シクソトピーコンディショニング 
COPDは糖尿病と同じ?
貯筋しましょう!(侵襲時の代謝の特徴)
「運動」は最良の薬! 
ABCDEバンドル と維持期 
COPDの患者さんにも積極的な栄養療法が適さない時期がある!(不可逆的悪液質)
リスク管理、スターリングの法則、拡散障害
気道粘膜除去装置(パルサー)説明会 
「オーラルフレイル」の岩佐先生の講義があったので行ってみた!
呼吸の勉強会(RTXのケーススタデイ)に行ってきた!
第11回愛媛県呼吸不全研究会に行ってきた!(Mostgraph)

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
お役にたてたようならポチッとお願いします。

訪問看護 ブログランキングへ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です